その他

2005年12月20日

黄色い宇宙の種の年 律動のトカゲの月8日
KIN251 4・猿

冬のボーナス、クリスマス商戦を反映しているのだろうか、このところ高級腕時計の新聞広告が目立つように感じる。
目につくということは、良きにつけ悪しきにつけ、こちらの趣味嗜好と響いているのだと思うが、どうも精密な機械とか正確な時を刻むという機能に魅力、ロマンを感じているようだ。具体的にはソーラー電池で動く電波時計のクロノグラフと呼ばれる複数の針が回っているものに惹かれている自分がいる。

腕時計自体は、もう8年ほどつけていない。それは、もちろん12:60の人工的な時間のリズムから離れたいという意識の表れだが、実は腕時計なしでも社会生活に支障ないほど世界には時計が溢れているお陰で腕時計なしでいられるということも否定できない。
また、マイペースという自分のリズムを大切にしたいという願望の表れでもあるが、それ自体は意識があればよいと思うし、現に開けば時刻が表示されている携帯電話を持ち歩いている状況からすれば、腕時計をしていないというのは単に象徴的なものに過ぎないとも感じる。

その昔に持っていた腕時計は動かなくなっているので、腕時計をするのなら新調することになるだろう。
とはいうものの、時間管理のための時計機能がほしい訳ではなく、精密さ正確さに惹かれているのだから、何でもOKとはいかない。
片手の指くらいの諭吉さんが飛ぶとなると、、、当面は腕時計なしの暮らしが続きそうだ。(笑)

メモ+5.4


at 18:15コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年05月10日

青い水晶の嵐の年 スペクトルのヘビの月セリ9日
KIN27 1・手

ハートマン社のナチュラル・ベルティングレザーのバックを買い、そのお手入れ法を調べていた。日本語の情報は見つけられなかったので、メーカーの英語サイトからの情報を訳してみた。あくまで私訳で翻訳違いもあるかもしれないが、ほかの方の参考になるかもしれないので、以下に残しておく。

続きを読む

at 18:32コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年04月06日

青い水晶の嵐の年 惑星のイヌの月ガンマ3日
KIN253 6・空歩く者

目をとじて、まぶたの裏の図形を楽しむことがある。
思いきりギュッとまぶたを閉じて、しばし我慢していると。。

全体が暗い感じから、中央の黒いところとその周りが白っぽい感じになり、さらに楕円をとりまくチェック模様になった後に全体がはじけるように黒くなっていく。
途中でチェック模様やパターンが見えてくるのがどういう仕組みなのかは分からないが、この身体の中にも幾何学的パターンの情報が内在しているようで面白い。

他の人に聞いたことはないが、同じように見えたりしているものだろうか?
やってみた方がおられたら、見え方や感想を伺ってみたいものだ。

メモ+6.8
(ゴールまで20日)


at 18:42コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年03月10日

青い水晶の嵐の年 太陽のジャガーの月カリ4日
KIN226 5・世界の橋渡し

カレンダーの今日のところには●がついている。新月のマーク。
旧暦だとひと月(如月)のスタート 朔(ついたち)だ。

その昔は、月も星も夜になると空に昇るものだと何となく思っていた。
だから、夜空に新月を探すこともしていた気がする。

本当は、昼間の月や星は見えていないだけ。
新月のお月さまは、お日さまの近くにあるんだね。
見かけの軌道面がずれているから、普段は重ならないけれど、たまに重なると日食になる。
ちなみに次の新月がそれに当たり、ニュージーランドから中米にかけては金環日食(月の影から太陽がリング状にはみだす)から皆既日食(太陽が完全に月の影に隠れる)の状態になる(現地ではG4/8)という。残念ながら日本からは見えないが、きっとインターネットの観測サイトを見てるんだろうな?。


メモ+7.4(ゴールまで47日)



at 18:50コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年03月07日

青い水晶の嵐の年 太陽のジャガーの月ダリ1日
KIN223 2・夜

昨日は、新宿文化センターにてガレリア座のオペレッタ「乞食学生」を鑑賞した。暦関係でおつきあいのあるお二人のKさんの舞台。アマチュアのオペラ団で、自前の歌手、オーケストラ、裏方で、あれだけの規模の公演を成功させる熱意・エネルギーに感心させられるし、長い期間をかけての努力の成果に惜しみない拍手をおくった。

続きを読む

at 20:13コメント(1)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年02月14日

青い水晶の嵐の年 銀河のタカの月ダリ8日
KIN202 7・風

昨日の暦関係の仲間との集まり(ガイドブック製作ミーティング)の後の雑談の中で、ドリスさんから教えてもらった話題。

「あなたの好きな動物ベスト3は何ですか?」

僕の場合は
第1位 ウサギ、 第2位 フクロウ、 第3位 サイ
と答えた。
あなたのものも確認してみてほしい。

続きを読む

at 12:35コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年02月10日

青い水晶の嵐の年 銀河のタカの月カリ4日
KIN198 3・鏡

昨日は新月。旧正月ということだ。
旧正月は、どのように決まるのだろうと思って調べてみた。

ネットで検索した結果、「立春に一番近い新月」という説が一番Hitした。

これで、だいたいは正しいのだろうが、正確には
「旧暦の月の名前は二十四節気の中気で決まる」
「中気のうち「雨水」を含む月が正月」(ちなみに雨水は立春の次(およそ15日後)に来る節気)
「その正月の新月の日(朔)が旧暦の元日」
ということらしい。

その旧正月が「月の地球」で銀河の活性化の正門というのも、ある意味シンクロと思えるのが何というか。
旧正月を話題にしてはみたが、年賀をするでもないし、お雑煮を食べるわけでもなく、サッカーの北朝鮮戦をハラハラしながらTV観戦していた。
お雑煮といえば、ニュースで見た「文化庁によるお雑煮100選」は素直に食べてみたいと思った。でも、料理の一つではなく、お雑煮で食べるなら、やはり郷里のものを選んじゃうなァ。


メモ+7.0(ゴールまで75日)停滞気味だにゃ。。


at 18:20コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年02月07日

青い水晶の嵐の年 銀河のタカの月ダリ1日
KIN195 13・鷲

中3の次男は、高校受験を目前に控えて、最後の追い込み。。
のはずだが、親の意識に反して本人はのんびりしている(ように見える)。
何とか机に向かわせて、数学の問題に一緒に取り組んでいた。

問題は、立方体の天面の対角にある2点を指定して、その2点を頂点に含む正四面体の残りの2点を問うものだった。
この立方体の中の(内接する)正四面体は、ドリスペ(神聖幾何学?)的には馴染みのあるもので、答えとしては底面のねじれの位置にある2点だ。

次男君は、まず立方体の一つの角に集まる3辺でできる三角錐が答えと思ったらしい。
答えを知っているこちらとしては、「立方体の中の辺同士の角度は?正四面体は?」と聞いてみると、間違っていることが分かったようだが、答えが分からないという。
ジオマグというマグネット玩具で実際に正四面体モデルを見せて確認すると、ようやく答えが見つかったようだ。

さて、ここまでは前振り。本題はここからだ。
同じ問題の続きとして、立方体の一辺が6cmのとき、くだんの正四面体の体積を求めよとあった。
文字だけでは難しいかもしれないが、NAA(数字中毒)な方には考えてもらいたい。
続きを読む

at 22:58コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年01月25日

青い水晶の嵐の年 共振のサルの月セリ16日
KIN182 13・風

今日の月齢は14.6、今夜19時32分に満月が空にかかる。
月齢に関しては、ほんの少し前、というか今日の今日まで勘違いをしていた。

続きを読む

at 18:31コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2005年01月17日

青い水晶の嵐の年 共振のサルの月ダリ8日
KIN174 5・魔法使い

今日は阪神大震災から10年目。
新潟中越大地震、インド洋大津波だけでなく、相次ぐ台風の爪あとなど、自然の猛威を見せつけられているような昨今だけに10年という節目の意味も大きいと思うと同時に、いったい何を思えばよいのか、この日を忘れないということの意味について自問していた。

続きを読む

at 19:32コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2004年12月28日

青い水晶の嵐の年 律動のトカゲの月セリ16日 
KIN154 11・魔法使い


人生初ブログである。
ここに至った経緯を振り返ってみる。

ブログが盛んになってきたのは、他の方のブログを読んだりするようになったので肌で感じつつあった。
しかし、である。
三日坊主を自認し、日記をつける習慣もなく、中学以来日記帳を購入したこともない、無論プレゼント等でもらうはずもない自分にはブログは縁のないものだろうと思っていた。

気持ちの変化の切っ掛けは、越智啓子著『人生の癒し』(徳間書店)である。図書館で借りて3日前にざっと読了した。
様々な場面に対するセルフ・ヒーリング法(クリスタルやアロマ、動きとアファメーションなど)を具体的に紹介してくれている本で、僕とは世界観の違いを感じるところもあったが、癒しを求めている人にはオススメの一冊だ。

そこに書かれていたことで、僕にとって一番Hotだったのは、自己表現の大切さである。

折りしも2日前から軽い喘息症状の息苦しさを感じていて、呼吸器疾患=言いたいことを飲み込んですませていることの反映と感じた。

同時に25年も前の出来事・相手を根に持っている自分に気づいた。それ以来、会ったこともないのに、我が人生の仇敵のように抱え込んでいた。相手はとっくに忘れているだろうに。
驚き、苦笑。そして、顔も忘れてしまったのに名前だけは覚えていた相手を想像の中でハグし、愛と感謝を送った。ちょっぴり嬉しかった。(相手が知ったら気持ち悪がるだろう。)

自分の中に溜め込んだものをストレートに吐き出すもよし、こだわりに気づいて溶かしてしまうもよしと思った。

そこで気になったのがブログという場である。しばらくこの場を楽しんでみたいと思う。誰かのために情報発信するのではなく、ありのままのその瞬間の自分が表現できたらと思うし、どんなものが出てくるか楽しみでもある。さらにこの場でシェアすることで、それを読んでいただいた方も含めた自分世界の広がりと変化にも期待している。
まぁ、あまり気張らず、パターンも決めずに、自然体で行けばいいと思っている。

地震被災者の方、関係者の方々へお見舞いの気持ちと光のイメージを込めつつ。。

続きを読む

at 19:13コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
記事検索
プロフィール

わいあ~

本棚
ペット
  • ライブドアブログ