2021年07月16日

(テレクトノン)コマの置き方・動かし方(1)導入、運命キン


宇宙のカメの月リミ20日、15クムフ、白い律動の魔法使い(Kin214)
(マヤ暦⇒ 0.0.8.12.9、7シュル、13ムルク)


今日は宇宙(13)の月リミ20日。
13:20をイメージする。
「テレクトノン」では、パカル黄亀が預言の第7年・白い共振の魔法使いの年を歩く。戦士の緑亀は立方体14の白い魔法使いの「永遠」に。心のヘプタゴノンの完成。
7と14(7×2)の神秘の完成をイメージする。


今日の銀河の通路は6・魔法使い(Kin214)。
赤い月のウェイブスペル17・普遍的な水のちからのウェイブスペルの行為のリズムを拡張する流れへ第1の部屋のステップの白い魔法使い。
永遠の神秘は受容性のバランスとイメージしてみる。。


==
今日から「テレクトノン」のコマの置き方、進め方を初心者に教えるとしたら、という内容で書いてみる。
専門用語や関連情報も含めて書いていくので、初心者向けの情報部分のブロック体のところだけ分かっていただけたらOKだと思う。

CIMG3008
(今日の「テレクトノン」)

その第1回目は、このところの継続性ということで、5つのピラミッドを置くための準備情報と運命キンから始めてみたい。(ストーリーとしては亀の方が重要な役割を担っていると思う。)


■ピラミッドの目盛りの背景情報など

5つのピラミッドを「テレクトノン」のプレイング・ボードに置くこと(目盛ること)は、「第5の力のお告げ遊び」と呼ばれる。(インストラクション・マニュアルP.19参照)

それは「ドリームスペル」の「お告げ・オラクル」と呼ばれる、その日の運命キンと類似、反対、神秘、ガイドの関連キンを見つけることと同じ内容であり、「テレクトノン」では、その日に関連する5つの紋章の場所に5つのピラミッドを置くことになる。


5つのピラミッドを置くのは、2つの垂直な流れの各10マス、計20マスのどこかになる。
ピラミッドを置く2つの流れ
(ピンクで囲った20マスがピラミッドを置く場所)

左側の黄色い太陽から赤い月まで10マスが「銀河のカルマ的な流れ」、右側の白い犬から青い嵐までの10マスが「太陽の預言的な流れ」と呼ばれる。

各10マスの流れは、太陽系の惑星を通した太陽の呼吸のイメージになる。
銀河のカルマ的な流れが銀河側から太陽側への吸入、太陽の預言的流れが太陽側から銀河側への排出ということになる。


「テレクトノン」での太陽系の10の惑星は、太陽側から水星、金星、地球、火星、マルデク(破壊されアステロイドベルトになっている)、木星、土星、天王星、海王星、冥王星に対応づけられている。
(マルデクや冥王星は惑星ではないという見解もあろうが、そこはファンタジーの世界観・宇宙観と受け止めてみていただきたい。)


左側の流れの一番上の黄色いマスが20の太陽の紋章の0/20番とされる「黄色い太陽」のマスになる。
その黄色い太陽のマスには、紋章の色の「黄色地」に
・マヤ数字表記のゼロ(黄色い太陽の紋章コードは0/20)
・黄色い太陽の紋章(マーク)
・啓発(黄色い太陽の紋章のキーワード)
・冥王星の惑星記号(Pの底に横線)
・Α(アルファ、流れの始まり)
といった情報がある。

それぞれに意味を持つのだが、ピラミッドを置くためには、そのマスがどの紋章に対応するのかさえ分かっていればよいので、紋章のマーク以外の情報はここでは無視して構わない。


ということで、その日の紋章=運命キンを目盛るためには、参照できる「13の月の暦」のカレンダーなどを身近に置いていただくこと、そして紋章のマークを見分けられるようになっていただけたらと思う。

「13の月の暦」のカレンダなどで今日の日付を確認すれば、今日の紋章のマークは確認できるはず。
また、各紋章の名前とマークを参照できる資料としては、インストラクション・マニュアルP.53の「20の太陽の紋章 名前とコード番号」があるし、「13の月の暦」のカレンダーや手帳には太陽の紋章のマークとコード番号とキーワードが掲載されていると思う。

CIMG2489
(マニュアルP.53の「20の太陽の紋章」)


ピラミッドの置き方に関しては、感じるままにやればよいと思っている。

・個人的には ■ のように辺が縦横になるように(マニュアルの図でもそのように)置いているが、例えば ◆ のように角が縦横に来るように置いても個性の違いを感じるだけだ。
・同じマスにコマが重複する場合の置き方も、どのマスを目盛っているのか意識できればOKと思っている。

それでも個人的にはこう置くという自分なりのスタイルはあるので、そこは実践例の画像なりを参考情報としていただけたらと思う。


■運命キンを目盛る

まずは、今日の紋章=運命キンのマスに緑のピラミッドを置く

そのためには、今日の紋章をカレンダーなど「13の月の暦」で確認する。

(実践例)
今日、2・嵐の年の宇宙の月20日のキンをカレンダーなどでチェックすると、白い共振の魔法使い(7・魔法使い)だと確認できる。
白い魔法使いのマークを2つの垂直の流れの中に探すと、右側の真ん中より一つ下のマスに見つかるので、そこに緑のピラミッドを置く。

運命キンだけは、緑のピラミッドを置く
緑色は第5の力、中心や統合を象徴する色ということで、運命キンそのものは赤白青黄の進行で日々色が変わるけれども、その日の紋章の色ではなく5つのお告げの中心の色として緑色のピラミッドを置く。


今日の紋章のマスに緑のピラミッドを置く、それが運命キンの目盛り方になる。


運命キン(緑のピラミッド)の動きは、反時計回りに1マスずつ動いていく
なので、今日、白い魔法使いのマスに緑色のピラミッドを置いたら、明日は一つ上の青い鷲のマスに移動させるだけなので、プレイング・ボードを出しっぱなしにしていて、前日のコマの目盛りがそのまま残っていれば、カレンダーで今日の紋章を確認する必要はなくなる。



waiar56 at 07:26コメント(0)13の月の暦   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
プロフィール

わいあ~

本棚
ペット
  • ライブドアブログ