2021年06月06日

(テレクトノン)戦士の迷宮の旅(2)風の霊


水晶のウサギの月ダリ8日、15パシュ、白い倍音の魔法使い(Kin174)
(マヤ暦⇒ 0.0.8.10.9、7ソツ、12ムルク)


今日は水晶のウサギの月の8日。
白い洗練の第2週の1日目のダリの日。

今日の銀河の通路は5・魔法使い(Kin174)。
ハートのちからの白い犬のウェイブスペル14の倍音の塔。
ハートの愛する力への行為のリズムを拡張する4つの音の流れを始める塔で輝きを与え、命じるステップ。

白い週の白い紋章の日。
今週のヘプタッド・パス46も白い鏡と白い世界の橋渡しをつないでおり、白の洗練の強調をイメージする。


==
テレクトノンの戦士の迷宮の旅の16日間に意識を向けてみる2日目は、立方体2の霊。

霊と聞くと幽霊をイメージするかもしれないが、原語は spirit 。
霊魂や幽霊、亡霊の意味もあるが、精霊とか生命の源である精神の方のニュアンスだと思う。カタカナでスピリットの方がイメージに近い感じがする。
(こう書くと、光と闇の区別や闘いをイメージするかもしれないが、光と闇は昼と夜のように全体性の一部だと思っている。そうした全体性の中で真善美に響くスピリットがあることを感じるし、同調するならそちらを選びたいと思う。)

telektonon_day8card
(8日のカードの表裏、画像は海賊版PDFを加工。クリックで拡大)

今日8日のカードの表には日付の8(日)が上に、法則の立方体2の点2つが下にあり、白い色なのは立方体2の白い風によるものと思われる。


カードの裏には、聖別された者のバクトゥン8の時代へのパカル・ヴォタンの関りが真ん中に書かれていて、立方体2:霊から下に法則の立方体2の働きが書かれている。
 戦士の<風の霊の力>を使ってバクトゥン8を再生し、あがなう。「私の超意識の、戦士の風の霊の力により、私自身を<聖別された者>としてあがなう。平和の魔法使いが広がりますように!」

昨日の第1週の立方体1(赤い竜)から、今日の第2週の立方体2(白い風)は、赤い週の赤い紋章の日から白い週の白い紋章の日への進行になる。
これは「テレクトノン」での日付に固定対応する紋章と週の色の対応のことで、青い嵐の年の3-8-13の月には銀河の通路の紋章もこれにシンクロすることになるし、紋章の色だけなら青い嵐の年のどの月もシンクロしてくる。青い嵐の年はシンクロ力が高い印象だ。

「超意識の」というのは、立方体1~4、そしてパカル黄亀が歩くテレクトノンの管の5日と24日の意志の平面の層のこと。また。同じ4日間は法則の立方体16=4×4の四分の一で、心の平面にも対応づけられる。
・立方体1~4:   心の平面
・立方体5~8:   霊の平面
・立方体9~12:  意志の平面
・立方体13~16: 聖なる源泉

「聖別された者」はバクトゥン8、BC353~AD41の頃。BCからADと紀元前後になっていることから分かるとおりイエス・キリストに代表される時代。
ちなみに紀元前のBCはキリスト以前 Before Christの略、紀元のADは Anno Domini 神の年の略とか。

黙示録の第8章では、7人の御使いに7つのラッパが与えられ、第一から第四の御使いがラッパを吹き鳴らす。すると地、海、川、空・太陽と月と星・昼と夜の三分の一にわざわいが降りかかる。

そんな旧世界のバビロンの第2の波の中に到来したキリストのスピリットを自分自身に重ね、自らを、つまりは一人ひとりを<聖別された者>としてあがなうことで、平和の魔法使いの広がりをイメージする。

立方体2のマスの右にはSP火星の白い魔法使いのマスが隣接している。
そこに運命キンの緑のピラミッドある。
戦士の緑亀と緑のピラミッドが寄り添うように進む心の平面の4日間の2日目が今日だと意識する。


預言の力を維持する第2週の始まりに、立方体2の白い風の霊・天(GK天王星が白い風でもある)のスピリットが自らの中にもあること想い、自分自身を平和の魔法使いの一人として認める、そんなステップが立方体2の風の霊だと思う。

CIMG2907
(今日のテレクトノン)


waiar56 at 07:48コメント(0)13の月の暦   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
プロフィール

わいあ~

本棚
ペット
  • ライブドアブログ