2021年04月17日

暦の実践が教えてくれること


惑星のイヌの月シリオ14日、5カンキン、黄色い共振の(Kin124)
(マヤ暦⇒ 0.0.8.7.19、17ポプ、1カワク)


今日は惑星の月のシリオ14日。
週末のシリオの日は虹の橋の瞑想が推奨される。

10の月14日に5:7の比 =260:364を想う。

5カンキン(=14番目のウィナル)にも5:7がイメージされる週末のヘプタッド・ゲート7の日に対応するのはフナブ・ク21/マグス・オブ・ザ・インフィニット(無限の賢者達)。


今日の銀河の通路は7・種(Kin124)。
ツォルキン13列(調波行程)の7番目の神秘中央の柱は音4(・竜)で始まり、音7は紋章コード4の黄色い種。
13の中心は7で、7の中心は4を思い出させてくれる。

●●●●●●●○●●●●●●●(7/13)
   ●●●●○●●●●(4/7)


「テレクトノン」ではパカル黄亀は天国への階段の第2段 =預言の第1年・黄色い磁気の種(Kin144)の年を歩き、預言の7年を始める。戦士の緑亀は9人の時間の主の領域に入り、立方体8の芸術の黄色い星でボロン・イクの第1の織物の糸を拾い上げる。イク白亀は舵取りの塔でパカル&戦士を助けるために9つのヴィジョンを織り続ける。
CIMG2816
(今日のテレクトノン(海賊版)・ボード)

毎月14日は週の締めくくりのゲート7と預言の7年の始まりという「アルファでありオメガ」を感じる。
そういえば今日のサイ時間単位13・鷲(Kin195)は失われた第2の世代のキンでもあり、ゲート7ー預言の1-失われた2というズレも意識する。


そんな今日のフナブ・ク21はこんな感じ。
CIMG2815L
(「フナブ・ク21」のプレイング・ボード)

今日のオラクル、種/ザ・イノセント、鷲/スィーア、魔法使い/ウィザード、地球/ナビゲーター、戦士/パスファインダーは、黄色いコートの5つのステーションを目盛り、ヘプタッド・ゲートはフナブ・ク21/マグス・オブ・ザ・インフィニット、ヘプタッド・パス38は鏡/ヨギ/ヨギニと鷲/スィーアを結ぶということで、頭頂から左脳中央部分に集まっている。


==
虹の橋の瞑想では、地球の中心の八面体の鉄鋼水晶の両極から地球を取り巻く虹が架かるイメージを描き、自分自身の中心軸の頭頂と尾ていから自らを取り巻く虹が架かっているイメージを重ねるように、地球=自分自身といったイメージをする。
虹の橋の瞑想

「テレクトノン」では、特定の時代を振り返ってあがなったり、心・霊・遺志の平面や惑星軌道や意識の層を目盛る。

「フナブ・ク21」では、脳に対応した21のアーキタイプのステーションを目盛り、9つの時間次元や7つの精神スフィアを活性化させる。時間次元は銀河の星系にも関連付けられる。


身体の中の脳の部位やチャクラとの対応。
太陽の紋章のホロンも太陽系の惑星軌道、地球上のエリア、5つの主要チャクラ、手足の指に対応する。


自分だと意識している身体にしても、細胞などの組織だけでなく、呼吸する空気、食べ物、飲み物、微生物、(善玉・悪玉)菌、ウィルス、あるいは化粧・身につけるものなどと不可分の宇宙と言えるかもしれない。

そんな様々のレベル、層とつながっている自分であり、私たち、この世界、地球、星系なのだということを受け容れる練習に日々取り組んでいるのが暦の実践なのではないだろうか。



waiar56 at 07:26コメント(0)13の月の暦 | シンクロノトロン(441)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
プロフィール

わいあ~

本棚
ペット
  • ライブドアブログ