2021年05月11日


スペクトルのヘビの月ガンマ10日、9モアン、黄色い倍音の(Kin148)◎
(マヤ暦⇒ 0.0.8.9.3、1シプ、12アクバル)


今日はスペクトルの月ガンマ10日。

「テレクトノン」では、立方体4の黄色い種の開花の力により、マホメット&パカル・ヴォタン&パドマサンバヴァの時代・マヤのバクトゥン10を再生し、あがなう。


毎月10日に対応する倫理の17箇条の第4条は「人は鏡、万象はわが師」。
日常で目にする誰かの行動も、よい意味あるいは悪い意味でのお手本。すべてに学びがあり、活かすことができれば幸い。さらには自分のためだけではなく、自分でできる&必要とされる貢献で役に立てれば、さらに有難いことと思う。


今日の銀河の通路は5・星(Kin148)。
10日連続の銀河の活性化の正門(GAPキン)の3日目。
開花の種のウェイブスペル12の倍音の塔のステップは、ウェイブスペルと同じ黄色の輝きの気品とイメージする。「テレクトノン」の立方体4の開花の力の強調と輝きのイメージも。


今日のサイ時間単位は、1・月(Kin209)。
サイ時間単位では、魅惑の緑の中央の城の月の創世記への魔術飛行を果たした。


==
4週間で4つのプレートを開くエルダーフサルクの実践10日目。

第2週に開いていくのは第4サイプレートの太平洋・プレート。

第10日のルーンはラグス: ラグスは水の形成
対応するリーフは神秘、エリアは北の温帯、第3の目(眉間;アジナ)
e_tuthark10_Laguz


<プラズマ&ルーンの立方体>
第3の目のチャクラを意識し、自分を取り囲む立方体の前面にガンマのプラズマとラグスのルーンをイメージする。

<サイニンボイド膜の活性化>
北半球チームは第3の目のチャクラからラグスのルーンを発信し、「ラグスは水の形成」で太平洋・プレートの東アジア・日本上空を活性化させながら、南半球チームがルーンを受信するイメージをする。


==
28日間、24のエルダーフサルクのルーンで開くエリアの中で、毎月10日に対応するのが太平洋・プレートの北の温帯 =東アジア・日本のエリア =サイニンボイド膜21になる。

pnms

太陽の紋章で20のエリアに分けられる「惑星のホロン」では日本のエリアには白い世界の橋渡しが対応し、連続GAPの先頭、今週の始まりからの流れも想う。
惑星のホロン

ラグスは水の形成。水のちからとマヤの時代と東アジアのエリアの関連を想像する。

そういえばサイ時間単位では1・月(Kin209)で、普遍的な水のちからにシンクロしている。



waiar56 at 07:19コメント(0)13の月の暦  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年05月10日


スペクトルのヘビの月セリ9日、8モアン、青い自己存在の(Kin147)
(マヤ暦⇒ 0.0.8.9.2、0シプ、11イク)


今日はスペクトルの月セリ9日。

「テレクトノン」では、立方体3の青い夜の豊かさの力により、聖ヨハネの時代・赤と黒の主たちのバクトゥン9を再生し、あがなう。


毎月9日に対応する倫理の17箇条の第3条は「運命は自らまねき、境遇は自ら造る」。
自分だけではどうにもできないモノゴトはあり、そこにまで全面的な責任を引き受けたり・感じたりする必要はないけれども、自分自身の境遇や運命は自分でそれを経験するべく選んで生まれ&日々刻々と決断しているものと受け止める、そんな前向きな向き合い方が好みだ。


今日の銀河の通路は4・手(Kin147)。
10日連続の銀河の活性化の正門(GAPキン)の2日目。
開花のウェイブスペルの自己存在のステップは、形の遂行とイメージする。


今日のサイ時間単位は、13・星(Kin208)。
猿の創世記(Kin131-208)&与える黄色い南の城(Kin157-208)のラストキン、月の創世記への魔術飛行も想う。


==
4週間で4つのプレートを開くエルダーフサルクの実践9日目。

第2週に開いていくのは第4サイプレートの太平洋・プレート。

第9日のルーンはマンナズ: マンナズは全人類
対応するリーフは化身、エリアは南極、ルート(根;ムラダーラ)
e_tuthark9_Mannaz

<プラズマ&ルーンの立方体>
ルートチャクラを意識し、自分を取り囲む立方体の底面にセリのプラズマとマンナズのルーンをイメージする。

<サイニンボイド膜の活性化>
北半球チームはルートチャクラからマンナズのルーンを発信し、「マンナズは全人類」で太平洋・プレートの南極上空を活性化させながら、南半球チームがルーンを受信するイメージをする。


==
繰り返し掲載しているこの図には多くの情報が盛り込まれている。

runesoffuthark

毎月の8日~22日に対応するサイニンボイド膜のプラズマの下の方には六角形の中にマヤ数字があり、その色も含めて「テレクトノン」の立方体の対応を表しているようだ。
今日の9日、マンナズのルーンのところには、赤いセリのルーンの下に、青地の六角形(立方体)の中に点3つ =立方体3の青い夜がある。

週の第1日と第2日の両極のリーフではプラズマの真下にあり、第3日~第6日は右斜め下にあるのも何か意味していそうだ。



waiar56 at 07:02コメント(0)13の月の暦  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年05月09日


スペクトルのヘビの月ダリ8日、7モアン、白い電気の世界の橋渡し(Kin146)
(マヤ暦⇒ 0.0.8.9.1、19ウォ、10イミシュ)


今日はスペクトルの月ダリ8日。

11番目の月の白い洗練の第2週の始まり。謙虚は瞑想を洗練する、預言の力を維持する。

年の第42週の始まり。「フナブ・ク21」のヘプタッド42は、白い世界の橋渡し/ハイエロファントと黄色い星/アーティストをつなぎ「死が芸術を分光する」。

「テレクトノン」では、立方体2の白い風の霊の力により、キリストの時代・聖別された者のバクトゥン8を再生し、あがなう。


毎月8日に対応する倫理の17箇条の第2条は「苦難は幸福の門」。
知らないこと、分からないこと、間違い、失敗、それらに気づき、向き合っていくことが成長へのステップであることを教えてくれる。(向き合うべき苦難は課題。ときには向き合う必要も甲斐もない苦難も。そんな苦難は手放し離れたい。)


今日の銀河の通路は3・世界の橋渡し(Kin146)。
白い第2週の白い世界の橋渡しの洗練の強調を意識する。
今日から10日連続の銀河の活性化の正門(GAPキン)が始まる。



==
4週間で4つのプレートを開くエルダーフサルクの実践8日目。

第2週に開いていくのは第4サイプレートの太平洋・プレート。

第8日のルーンはエワズ: エワズは馬と乗り手の一致
対応するリーフは玉座、エリアは北極、クラウン(頭頂;サハスララ)
e_tuthark8_Ehwaz


<プラズマ&ルーンの立方体>
クラウンチャクラを意識し、自分を取り囲む立方体の天面にダリのプラズマとエワズのルーンをイメージする。

<サイニンボイド膜の活性化>
北半球チームはクラウンチャクラからエワズのルーンを発信し、「エワズは馬と乗り手の一致」で太平洋・プレートの北極・シベリアエリア上空を活性化させながら、南半球チームがルーンを受信するイメージをする。


==
毎月8日に対応するエワズのルーンは、エルダーフサルクの並び(アルファベット順?)では19番目のルーンになる。それはエルダーフサルクの資料図の8日のマスの左下隅にマヤ式の数字表記で19(3バー4ドット)として表されており、右下隅のPNM(サイニンボイド膜)19にも見てとれる。
runesoffuthark

ルーンの並びでのサイプレートの進行としては、図の一番上に表記されたサイプレート1~4の順番なので、
1.アフロユーラシア・プレート →2.大西洋プレート →3.アメリカ・プレート →4.大西洋・プレートの順番で西向き(地球の自転とともに太陽光が当たる順)に
1.北極 →2南極. →3.北の温帯 →4.南の温帯 →5.北の赤道帯 →6.南の赤道帯 →7.赤道とジグザグに
対応づけられている。

しかし、日付との対応では
1.アフロユーラシア・プレート →4.大西洋・プレート →3.アメリカ・プレート →2.大西洋プレート の順番で東向き(北極側からみると反時計回り)に
対応づけられている。


==
エワズの「馬と乗り手の一致」Union of Horese and Rider は、個人的には「人馬一体」と受け止めている。

続きを読む

waiar56 at 07:54コメント(0)13の月の暦  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年05月08日


スペクトルのヘビの月シリオ7日、6モアン、赤い月の(Kin145)
(マヤ暦⇒ 0.0.8.9.0、18ウォ、9アハウ)


今日はスペクトルの月シリオ7日。

週末のシリオの日には虹の橋の瞑想が推奨される。

「テレクトノン」では戦士の迷宮の旅が始まり、立方体1の赤い竜の記憶の力により、ブッダの時代・心の教えのバクトゥン7を再生し、あがなう。
今日から11日まではパカル黄亀と水晶が上下で並んで進んでいく。


毎月7日に対応する倫理の17箇条の第1条は「今日は最良の一日、今は無二の好機」。
今日だけがラッキーデイなのではなく、最良の一日&無二の好機はイマ・ココをおいて他にないことを教えてくれる。


今日の銀河の通路は2・蛇(Kin145)。

(青い嵐の年の)赤いスペクトルの月の赤い第1週の赤い蛇の日&立方体1の赤い竜の日で、創始の赤の強調をイメージする。

音2と紋章5で今日の7日。
サイ時間単位の11・世界の橋渡し(Kin206)は、スペクトルの音の魔術の亀。


==
4週間で4つのプレートを開くエルダーフサルクの実践7日目。

第1週に開いていくのは第1サイプレートのアフロユーラシア・プレート。

第7日のエルダーフサルクのルーンはない
対応するリーフは立方体、エリアは赤道、ハート(心臓;アナハタ)


<プラズマ&ルーンの立方体>
自分を取り囲む6つのルーンの6面を視覚化し、その中心のハートのチャクラにシリオのプラズマをイメージして、立方体を完成させる。

<サイニンボイド膜の活性化>
第1週の6日目までの6つのルーンの発信&受信によってアフロユーラシア・プレートのサイニンボイド膜1~6が開かれ、中心の赤道帯にあるシリオによってプレート全体が活性化されたことをイメージをする。
pnms


==
第1週を通じて活性化するアフロユーラシアのプレート1は、西経270度~360度にあり、サイニンボイド膜1~6が開かれる。
エルダーフサルクの図の下には、(同じエリアになる)東経0度~90度に第1週に対応する「視点 View 」のキーワードが見える。「知識は視点を創始する」

runesoffuthark


続きを読む

waiar56 at 07:02コメント(0)13の月の暦  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年05月07日


スペクトルのヘビの月リミ6日、5モアン、黄色い磁気の(Kin144)
(マヤ暦⇒ 0.0.8.8.19、17ウォ、8カワク)


今日はスペクトルの月リミ6日。

「テレクトノン」の毎月6日は、パカル黄亀が自由意志の塔で預言の7つの封印を要求し、地球の中心の天王星の墳室にそれらを保存する。その場所で法則の立方体に応じた戦士の迷宮を準備する。


今日の銀河の通路は1・種(Kin144)。
開花の力の黄色い種のウェイブスペル12の磁気の門。
キン144は、預言の第1年(1993-94)、テレクトノンの啓示のキン。
144=9×16(9人の時間の主×法則の立方体の16マス)。
1バクトゥン=144,000、ヨハネ黙示録の選ばれた者の数の千分の1。

144は12の二乗。
12をひっくり返した21の二乗が441で、144をひっくり返した数。、
1&4&4の三つ組、144+414+441=999。

144はフィボナッチ数列の12番目。
1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144

144は「フナブ・ク21」の第二の時間レンズの数でもある。トーランの基礎の時間テンプレート。
時間地図・銀河ツールのプレイング・ボードの基本構造は、見た目12の時計の文字盤みたいなものかなと妄想する。


==
4週間で4つのプレートを開くエルダーフサルクの実践6日目。

第1週に開いていくのは第1サイプレートのアフロユーラシア・プレート。

第6日のルーンはカノ: カノは燃えさかるたいまつ
対応するリーフは超越、エリアは南の赤道帯、太陽神経叢(臍/鳩尾;マニピュラ)
e_tuthark6_Kennaz


<プラズマ&ルーンの立方体>
太陽神経叢のチャクラを意識し、自分を取り囲む立方体の左面にリミのプラズマとカノのルーンをイメージする。

<サイニンボイド膜の活性化>
北半球チームは太陽神経叢のチャクラからカノのルーンを発信し、「カノは燃えさかるたいまつ」でアフロユーラシア・プレートの南アフリカ大陸上空を活性化させながら、南半球チームがルーンを受信するイメージをする。


==
ここまでの6日間のルーンは、フェイヒュー(Fehu)、ウルズ(Uruz)、スリサズ(Thurisaz)、アンスズ(Ansuz)、ライゾ(Raidho)、カノ(Kennaz)。
それぞれの頭文字をつなげたものが、FUThARK、フサルクになる。
かな文字を「あいうえお」とか「いろは」と呼んだりすることと同じような呼び方だと分かる。

続きを読む

waiar56 at 07:31コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年05月06日


スペクトルのヘビの月アルファ5日、4モアン、青い宇宙の(Kin143)
(マヤ暦⇒ 0.0.8.8.18、16ウォ、7エツナブ)


今日はスペクトルの月アルファ5日。

スペクトルの月のトーテム動物のヘビには、クシャンスウム、銀河情報とつながるへその緒をイメージしている。
ヘビは解放を溶かす。
囚われることなく、定義づけることもなく、無段階に無限のスペクトルの層を織りなす虹の橋が、私たちと地球の中心核を経由して銀河とつながっていることを想う。


今日の銀河の通路は13・夜(Kin143)。
魔術の力の青い猿のウェイブスペル11の宇宙の夜の門。
魔術はマジック、マジシャンのネタは豊かなイマジネーションなのかも。

開花の力の黄色い種のウェイブスペル12への魔術飛行。


==
4週間で4つのプレートを開くエルダーフサルクの実践5日目。

第1週に開いていくのは第1サイプレートのアフロユーラシア・プレート。

第5日のルーンはライゾ: ライゾは太陽の輪
対応するリーフは時空、エリアは北の赤道帯、チャクラはノド(喉;ヴィシュダ)
e_tuthark5_Raidho


<プラズマ&ルーンの立方体>
ノドのチャクラを意識し、自分を取り囲む立方体の右面にアルファのプラズマとライゾのルーンをイメージする。

<サイニンボイド膜の活性化>
北半球チームはノドのチャクラからライゾのルーンを発信し、「ライゾは太陽の輪」でアフロユーラシア・プレートの北アフリカ・アラビア・インド上空を活性化させながら、南半球チームがルーンを受信するイメージをする。


==
pnms

週毎に開く4つのプレートは、経度で4分割されており、
 東経 0度~ 90度: アフロユーラシアプレート
 東経90度~180度: 太平洋プレート
 西経90度~180度: アメリカプレート
 西経 0度~ 90度: 大西洋プレート
になっている。

各プレートは、赤道を中心に南北それぞれに3分割されている。
 北緯60度~90度: 北極
 北緯30度~60度: 北の温帯
  0度~北緯30度: 北の赤道帯
  0度~南緯30度: 南の赤道帯
 南緯30度~60度: 南の温帯
 南緯60度~90度: 南極



waiar56 at 07:03コメント(0)13の月の暦  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年05月05日


スペクトルのヘビの月カリ4日、3モアン、白い水晶の(Kin142)
(マヤ暦⇒ 0.0.8.8.17、15ウォ、6カバン)


今日はスペクトルの月カリ4日。
今日から3日間のサイ時間単位はキン113の9・空歩く者。

今日の銀河の通路は12・風(Kin142)。
魔術の力の青い猿のウェイブスペル11の水晶の風の円卓の日。

魔術を遊ぶ、この世界のリアルにも幻想を想う。
見たいものを見たいようにしか見ないそれぞれの感覚を尊重すればこそ、異なる感覚の世界観にも心を開き、(自分なりに)より真実に近いと思えることや前向きと感じられることに向き合うことを大切にしたいと思う。


==
4週間で4つのプレートを開くエルダーフサルクの実践4日目。

第1週に開いていくのは第1サイプレートのアフロユーラシア・プレート。

第4日のルーンはアンスズ:アンスズはヴォタンの呼吸
対応するリーフはイニシエーション、エリアは南の温帯、チャクラはハラ(丹田;スワジスターナ)
e_tuthark4_Ansuz


<プラズマ&ルーンの立方体>
ハラのチャクラを意識し、自分を取り囲む立方体の背面にカリのプラズマとアンスズのルーンをイメージする。

<サイニンボイド膜の活性化>
北半球チームはハラのチャクラからアンスズのルーンを発信し、「アンスズはヴォタンの呼吸」でアフロユーラシア・プレートの南大西洋・南インド洋上空を活性化させながら、南半球チームがルーンを受信するイメージをする。


==
今日のルーンにつけられた「アンスズはヴォタンの呼吸」。

ヴォタンというと「13の月の暦」的にはパカル・ヴォタンやヴァルム・ヴォタンが思い出される。
エルダーフサルクのヴォタンは、ルーン文字に関連する北欧神のオーディン神のドイツ語 Wotan のようだが、マヤのヴォタンにも掛けられていると思う。

アンスズ(アンスール)のルーンの意味は、オーディン神を象徴し、口や情報を表すということで「ヴォタンの呼吸」。
各ルーンにつけられた言葉は、それぞれに元々のルーンの意味を含んだもののようだ。



waiar56 at 08:43コメント(0)13の月の暦  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
記事検索
プロフィール

わいあ~

本棚
ペット
  • ライブドアブログ