13の月の暦

2020年08月05日


磁気のコウモリの月カリ11日、10ポプ、赤い水晶の月(Kin129)

今日は水晶の月の円卓の日。白い鏡のウェイブスペルの歩みを振り返り、シェアし、次の青い猿のウェイブスペルにつながる流れを用意するイメージの一日だ。そしてツォルキンの中心にある調波33の4日間の始まり、調波33は第2週末まで続く。

===
昨日は「フナブ・ク21」のうち、7日周期のヘプタッドゲートを紹介した。
今日はヘプタッドパスを紹介してみたい。
CIMG2211
(ACCESSING YOUR MULTIDIMENSIONAL SELF P.130の THE 52 HEPTAD PATHS OF HUNAB KU 21より)

週の曜日に当たる一日一日がヘプタッドゲート(7の門)だとすると、ヘプタッドパスというのは7日周期の週を通じて維持され、一年に52のパス(通路、小道)がある。

先週(年の第1週)は、赤い竜(プライマル・フォース)と赤い蛇(サーパント・イニシエート)を結び「存在が性を発展させる」

今週(年の第2週)は、赤い竜(プライマル・フォース)と白い世界の橋渡し(ハイエロファント)を結び「存在が死を発展させる」
というアファメーションがつけられている。

年の52週に対応する52のパスは、21のアーキタイプを結ぶもので、赤い竜=存在、赤い蛇=性、白い世界の橋渡し=死のように太陽の紋章のキーワードを引き継ぎながら、パスの位置に従って「発展させる」「目覚めさせる」「送信する」「同期させる」「映し出す」「触発する」「啓発する」「電気を流す」「安定させる」「分光する」という動詞で二つのアーキタイプ(惑星軌道にも対応)を結ぶパスの働きを示している。

どの位置で、あるいはどの月にどんな動詞が対応づけられているのかを味わってみることも、今年の52週の楽しみにできるのではないだろうか。(上の図をよく見ると、アルファフェーズの20週(外的表明)とオメガフェーズの20週(内的光輝)、そしてテレクトノンの超越サイクルの12週(超越オーダー)があって、より長期のまとまりでの意識かもできそうだ。



waiar56 at 22:50コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月03日


磁気のコウモリの月セリ9日、8ポプ、青い惑星の(Kin127)

今日は第2週の第2日。白い洗練の週の流れるセリの日だが、2の対象化の働きのイメージを強く感じている。
銀河の通路は10・手なので、惑星(10)の音の「現れ、仕上げる、生み出す」と青い手の紋章の「遂行を知る。癒し」ということで、現実化を成し遂げる日のように受け止めている。

===
今日のテレクトノンのプレイングボードはこんな感じ。
CIMG2204
(9日&0ドットの青い手の日のテレクトノンボード)

5つのピラミッドは
運命キン(緑): 青い手=銀河のカルマ的な流れの地球軌道
類似キン:    黄色い人=太陽の預言的な流れの地球軌道
反対キン:    赤い地球=太陽の預言的な流れの天王星軌道
神秘キン:    白い魔法使い=太陽の預言的な流れのマルデク軌道
ガイドキン:   青い鷲=太陽の預言的な流れの木星軌道
にある。

テレクトノンでピラミッド配置の説明の際によくあるのは、上のような説明をした結果、例えば類似キンには黄色のピラミッドを置くと誤解されること。

ピラミッドの色は、運命キン=緑のピラミッドで固定だが、それ以外の類似・反対・神秘・ガイドのピラミッドの色はそれぞれの紋章の色に合わせて置かれる。例えば今日の類似キンは黄色い人なので黄色のピラミッドだが、明日の類似キンは青い猿に青いピラミッドを置くことになる。
まぁ難しく考えなくても、緑のピラミッドを一つ先のマスに進めたら、それと水平のマス(類似)、その2つ先のマス(神秘)、聖なる源泉を中心とした点対称のマス(反対)、それからガイドキンが対応するマスに、マスと同じ色のピラミッドを置けばいいということだ。


話を今日の本題に戻す。

今日のピラミッド配置では、
地球と天王星をつなぐテレクトノン(地球霊の通話管)の軌道に3つのピラミッドと2匹の亀がいて、
その間の第5(マルデク&木星)回路に2つのピラミッドと緑の亀と水晶がある
という状態だ。


テレクトノンのプレイングボードには、(ピラミッドを置く)太陽系の10の惑星軌道、太陽側から水星、金星、地球、火星、マルデク、木星、土星、天王星、海王星、冥王星軌道のうち、地球と天王星の間にある【火星、マルデク、木星、土星】のところの左側に「バビロン惑星」などと書かれている。
CIMG2205

この4つの惑星軌道の、誤用する側の力と誤用される側の力によって失われた太陽系の調和を回復させるというのがテレクトノンのメイン・ミッションだ。
そのために、黄色のパカル亀は、この4つの惑星軌道を迂回するように地球軌道と天王星軌道をつなぐトンネルを掘り進んでいくのだし、緑の戦士の亀は、白いイク亀のサポートのもと、戦士の迷宮の旅で法則の立方体を回復させる。

緑の戦士の亀は法則の立方体の中だけを歩くし、白いボロンイクの亀が歩くのも法則の立方体を取り囲む2本の塔(霊の塔と舵取りの塔)の間だけ。
そこは立方体の法則が働き、4、5、13、9という数字の力が働いている調和のゾーンともいえる。


となると、ピラミッドがバビロン惑星にあるというのも、過ちに気づく機会だし、そうした気づきを通じて本来の調和を回復させる機会と受け止めたい。

回復のヒントは、太陽の預言的な流れのバベルの塔のところにある過ちと本来のキーワードを意識すること。それを助けるのが銀河のカルマ的な流れの同じ惑星軌道のキーワードだと思っている。
例えば、太陽の預言的な流れのバベルの塔の黄色い種のところにある「偽りの霊性(宗教問題)」の根源には黄色い種の本来のスピリチュアリティの「開花」があり、その誤用する力の結果としての「性のタブー」の根源には赤い蛇の「性」本来の働きがあるということに、青い鷲の「ヴィジョン」を働かせるといった具合だ。

地球の歴史の過ちをあがなうために、過去から未来への時代を進んでいく黄色いパカル亀。
そして、歴史の過ちを生じさせた不調和を回復させる緑の戦士の亀と白いイク亀。

銀河ツール「テレクトノン」を少しでも多くの人に知ってもらい、プレイしてもらえたらと感じている。


続きを読む

waiar56 at 20:59コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年07月31日


磁気のコウモリの月リミ6日、5ポプ、黄色い共振の(Kin124)

今日は神秘中央の柱の始まりをしるす調波31(Kin121-124)の4色の熟成(黄色)。13調波行程の中心の7番目の調波行程の4番目なので、13の中心の7の中心の4が音7の紋章番号4という美しさになっている。
などと朝から味わっていたら、紋章番号の4を音のように勘違いしてガイドは黄色い太陽などと誤った指摘をしてしまった。間違う自分はもちろん恥ずかしいが、指摘された方にはアレ?とか、ヒヤっとさせてしまったかもしれない。相手の方には申し訳ないことだった。特に相手が誤っているという内容の指摘をする場合には、自分のコメントに間違いがないのか慎重に確認してから行わないといけないなと大いに反省した。
おかげさまで自分がツィートしていた内容の間違いを取り消すことができ、間違いの指摘コメントが役に立ったともいえるけれど、やらない方がよい行動を評価しても仕方ない。行動を慎むのではなく、慎重な行動を心がけたい。

===

銀河ツール「ドリームスペル」に付属している「銀河の羅針盤」だが、「ドリームスペル」キットは配布完了しているということやキットをお持ちの方の中でも使い方がよく分からないという方の存在も意識しながら、あえて暦ユーザー以外に向けて脳トレーニングの道具としてみてはどうかという提案をしたものだ。
CIMG2062

文字通りに脳トレの道具にしていただくだけでもいいといいながら、手作りでも実際に「銀河の羅針盤」に触れれば「13の月の暦」に興味を持ってもらえるに違いないというアザトい狙いが明け透けなのは否定しようもない。
ただし、「13の月の暦」をご存じない方に情報が届いているかというと残念ながら、完全に空振り状態で、SEO(検索エンジンでヒットするような)対策の課題を告げられている。

実は初めて「銀河の羅針盤」をググってみたのだが、同じ名前を名乗っているヒーリングツールがトップにいた(驚愕)。さすがにYouTubeの「銀河の羅針盤の使い方」は動画のトップになっているけれど、そもそも暦を知らない人が「銀河の羅針盤」をネット検索するはずはないし、脳トレので、単語の純粋なSEO対策ではなくツールそのものの認知機会を上げることを考えるのだろうし、それには暦ユーザーを通じての口コミが一番なのかもしれない。

アザトさついでに、暦ユーザーのあなたからお友達10人に教えてあげるリレーをしてほしいというのはもちろん悪い冗談。自分が責任をもって伝えたいという方にだけ口コミの輪を広げていただけたらと思う。

それでも今年から暦を(久々に)使うようになったという方からお申込みをいただき、本日も一つ発送できた。これを含めて11個が旅立ったという状況なので、キャンペーンという割には静かな日々だ。(爆)

暦ユーザーだけれど銀河の羅針盤をお持ちでないあなたにのお申込みもお待ちしているなんて書いてしまおう。手作りとはいえ500円出しても中々同じものはできないと自負するクォリティーだし、わいあー風の「銀河の羅針盤使い方説明書」付きだよ。さらにお誕生日を教えてもらえば、その日の銀河の羅針盤の回し方動画付きという大盤振る舞いだよ。さァどうだ!

引っ越してからのG7月は光回線のネット環境からモバイルのWifi、しかも3GBという容量もあって身動きしづらかったのだが、G8月だけはモバイルの契約容量を20GBにして月の月には光回線環境にも戻ることを宣言し、YouTube修行も再開させたいと思っている。

実家での新しい環境も落ち着きを取り戻しつつあるので、新展開を自分自身でも期待している。



waiar56 at 22:46コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年05月22日


スペクトルのヘビの月シリオ21日、0パシュ、白い月の魔法使い(KIN54)

今日の銀河の通路は2・魔法使い(KIN54)。年始の1・魔法使い(KIN14)と音では隣のようなキンだ。
隣といいながら音1つ進むときキン番号の差は40、ツォルキン表の同じ紋章の行を横に見ていくと分かるように、音1つ先は隣の隣の列の関係になる。それは銀河の羅針盤の黄色い輪の進行でも分かるとおりだ。

例えばツォルキン表の赤い竜の行の音を横にみていった、
1-8-2-9・・・

という進行を見ると、
1→2→3 という進行と 8→9→10という進行の二つが組み合わさっているようにも見えるが、じつは+7で連続的に進行している。
1+7=8
8+7=15=(13+)2
2+7=9
といった具合だ。

+7は太陽の紋章の20と銀河の音の13との差であり、銀河の羅針盤では黄色い輪と白い輪の空白エリアに対応している。
CIMG2036
(ツォルキン表と銀河の羅針盤。英語版の緑の輪には13の月の日付も)

先ほどのツォルキン表の赤い竜の行の音の並び方が実は羅針盤の黄色い輪の音の並び方になっていることが分かると、黄色い輪の7の左隣の空白に1を埋めてやる作業の意味が分かるのではないだろうか。7+7=14=(13+)1

そしてツォルキン表の赤い竜(紋章番号1)の行の音の並び方は紋章番号で+13の白い魔法使い(紋章番号14)の行と等しい。

1・魔法使い(KIN14)の年の2・魔法使い(KIN54)の日は、年始から40日先の月の月13日、そしてそこから1銀河スピン(260キン)先=40+260=300日先の今日、スペクトルの月21日(第3週末)をしるし、そこから年末まではちょうど9週間と1日(時間をはずした日)=64日、今日から時間をはずした日までは65日。

65は、ツォルキンを4つの季節に分ける(260÷4=65)銀河の季節の数。そして今日は白い季節の最終日で明日の3・鷲(KIN55)の極性キンは青い銀河の季節の始まり。

64はDNAコドンと結び付けられる易経の六十四卦。
年末まで64日(9週間+1日)というタイミングの明日は、G1987年8月16-17日(白い銀河の魔法使いの年の磁気の月22&23日;第4週の始まり)に呼びかけられたハーモニックコンバージェンスから33年を迎えようとする46銀河スピン(46⇔64の逆数)。

64卦に中心の虚空コドン33を加えたものが65調波のツォルキンになる。

11ホゼ+22ロイディーン=13音+20紋章=33年目、
46スピン=33+13、
44週のKIN55といったタイミングについては時間芸術学校クリカの小原さんのブログに詳しい。


銀河の羅針盤キャンペーンからツォルキンに意識を向けて書き始めたが、365日周期(=7日×4週×13の月+時間をはずした日)との歯車があってこそシンクロの大きな楽しみがあることがよく分かる。そんな年の301日目(7日×43週)、週末&パシュ月の始まりだ。

シンクロの濃さに圧倒されそうだが、「テレクトノン」の毎月21日=法則の立方体15の青い鷲がくれたヴィジョンかもしれない。
週末=週の7日目のシリオの日は、心しずかに(7色の)虹の橋の瞑想をしてみよう。

続きを読む

waiar56 at 07:16コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年03月30日


太陽のジャガーの月ガンマ24日、7マク、黄色い宇宙の戦士(KIN156)

9番目のジャガーの月も24日(第4週目の第3日)になっている。
定年退職を控えての転居先探しから契約手続、引っ越し、住所変更に関わる諸々の手続、マイカーの購入など、ブログからはすっかりご無沙汰していた。(前回の投稿がKIN108だったので48日ぶりの言い訳をしておく。)

260日周期のツォルキンでは、KIN146からKIN155までの連続GAP(Galactic Activation Portal:銀河の活性化の正門)を抜けたところだが、その最終日の昨日から(太陽の月23-25日)のサイ時間単位(Psi Chrono Units)はKIN146と連続GAPの先頭に対応し、太陽の月を締めくくる26-28日は最後のKIN155が対応する。
PCU

そうしてみると、太陽の月の地上歩行の期間はKIN106と115に対応しており、太陽の月を通じて前後の連続GAPを象徴しているという見方もできそうだ。

サイ時間単位は、260日周期のツォルキンを364日(=13×28日)に対応させたもので、倫理プロジェクトのサイバンクの8分の1だが、地球を包むサイバンクは4つのプレートの南北で8枚になっている。4つのプレートは、1日の時間帯(NET: Noospheric Earth Time)の深夜から夜明け、夜明けから正午、正午から日暮れ、日暮れから深夜に対応していると見ることもできる。

Go Galacticで銀河意識にチューニングする段階を過ぎたら、惑星奉仕のウェイブスペルは銀河から太陽の塔を経て上向きの「行為を変換する」流れになる。それは太陽(系)から惑星(地球)のスペクトル(圏=サイバンクがあるバンアレン帯)から極を経由して水晶(地球の中心核)に向かう流れとイメージできる。
よりリアルな世界に意識を向け、足をつけながら、自分の理想とする世界が実現するように向き合っていく感じだ。
そうしたことを通じて初めて13番目の宇宙(意識)と一体になることができると教えてくれているようだ。
と思いながらサイ時間単位を見れば、連続GAPキンは太陽の月から宇宙の月の地上・天上歩行にちゃんと対応している。

28日周期を通じて銀河の音を冒険する惑星奉仕のウェイブスペルでは、ここからの流れをしっかり意識して歩きたいと思う。



waiar56 at 10:34コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年10月11日


電気のシカの月ダリ22日、17ソツ、白い水晶の世界の橋渡し(KIN246)

今日は水晶の世界の橋渡しの円卓の日、鷲のヴィジョンの力のウェイブスペル(WS)19の円卓会議の日だ。

このWSは、自分にとっての暦の使い方を振り返って、その周期性を感じたり、意味合いのアイデンティティを引き受ける(担う)ことを大事にしていると実感するタイミングだった。

昨日は、こよみ屋さんの『銀河ノート』も手元に届き、ワークすること、目盛ることの楽しさにワクワクを感じている。
銀河ノート

定年を来年にひかえセカンドライフに向けた転居や仕事関係の状況も見えてきて、東京にいる間に暦関係の活動に時間を確保したいなという気持ちが大きくなっていると感じる。
そんな想いに加えて水晶の円卓会議の日でもあるので、13の月の暦関係で一緒に時間を過ごしませんかという「時遊のおさそい」を呼びかけたい。
「時遊」は、かつて自分が企画し呼びかけて定期開催していた暦の集まり「Team時遊」からいただいたが、今回の呼びかけはチームメンバーを募集するというものではないのでTeamを外し、13の月の暦関係のイベントというか楽しみの場が共有できればいい、ただ時を(時で、時と・・)一緒に遊ぶ機会がつくれたらウレシイ。

といって、時間も場所も内容も委細応談なのだが、次のようなイメージをしている。
・開催日は、日曜祝日を希望
・場所は、都内から移動に無理のない範囲を希望
・料金は、実費+時間の法則財団へのドネーション
・発起人からの連絡で開催調整(日程、場所、内容、人数など)
・開催案内をどうするかも発起人の意向次第(必要なら、本ブログでも案内)

時遊のメニュー例
・13の月の暦のお勉強
・銀河ツール(ドリームスペル、テレクトノンなど)の使い方
・銀河ツールのテキスト読書会
・シンクロノトロン、フナブク21の遊び方
・銀河ノートのワーク
・テレクトノン海賊版製作
・気づき・感想・情報のシェア会
・アグエイアス夫妻の講演ビデオ鑑賞
(どんなことができるか楽しみ♪)

何となく気になるけれど、自分が発起人になるのは抵抗があるので、わいあーの企画・開催であれば乗りますというリクエストやご意見・ご要望・ダメ出しなども含めて、わいあーまでメール(waiar★yahoo.co.jp ★を@に)をいただきたい。

太陽の月までの半年弱の期間限定だが、ご縁を楽しみにしている。
【企画終了】(2019.4追記)

続きを読む

waiar56 at 22:06コメント(4)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年09月17日


月のサソリの月アルファ26日、13シプ、白い磁気の(KIN222)

ドリームスペルやテレクトノンといった銀河ツールの配布は終了しているが、実際に触れ遊んでこそのキットだと思う。

特にテレクトノンは、13の月の28日周期と260日周期のオラクルを日々目盛ることができるツールなので、自分自身もプレイを続けてきているし、興味のある方にはぜひ実際にコマを動かしてほしいと思っている。

そのための素材はネット上に提供されている。

一緒に遊んでほしいと思うのなら、実際に製作してみようかとトライ。以前からホワイトボードに壁掛けスタイルで楽しんでいたので、コマの内側にマグネットを貼って、海賊版も壁掛けキットにしてみた。
海賊版telektonon2

海賊版にはついていない白黒のメモリ石と再チャージ水晶も、マグネット碁石とピン型のマグネットで追加。オリジナル・キットの半分以下のサイズで、ずいぶんとコンパクトになったが、プレイするのに不都合はない。
海賊版telektonon1


遊び方のレクチャーつきでキット製作のワークショップもできそう。セカンドライフの楽しみが増えた。(^^)/
海賊版キットの情報を提供してくださっているチョコボさんに大感謝!!

続きを読む

waiar56 at 18:09コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
記事検索
プロフィール

わいあ~

本棚
ペット
  • ライブドアブログ