福岡 13の月の暦会

2019年11月10日


この記事では「福岡 13の月の暦会」の情報を更新していきたい。

次回(第5回)は
とき:倍音の月23日(12/7(土)) 12:00-16:00 5・星(KIN148)GAP・倍音の魔術の亀&恋人達の舵取りの塔の再会の日
ところ:ライトハウスコーヒー 福岡市南区塩原4丁目13−15 ライフ塩原
テーマ:参加メンバーの関心事(リクエスト募集中)
参加費:各自のランチ代をお支払いください

詳細はリンク先のブログ記事 ↓ を確認のうえ、参加表明などは事前にJ.T高木さんへ
https://ameblo.jp/jttakagi/entry-12481792949.html

フェイスブックのイベントページ(第5回)
https://www.facebook.com/events/710007609502354/
(暦会の後、六本松の焼き鳥屋のんちゃんでの懇親会も予定)

第6回(満員御礼)は
とき:律動の月10日(12/22(日)) 12:00-16:00 7・夜(KIN163)の冬至
ところ:大野城市の自宅風水サロン「シュエット」(詳細は参加者に連絡)
テーマ:参加メンバーの関心事(リクエスト募集中)



第7回は共振の月14日(1/23日)に若松のMISAさんちで開催決定(詳細未定)

フェイスブックのイベントページ(第7回)
https://www.facebook.com/events/396713004609547/

=====
(参考)「福岡 13の月の暦会」についてのイメージ
  • 13の月の暦についての継続的な学習会
  • メンバー登録なし、初心者も大歓迎、単発参加OK
  • 入会金、年会費等なし
  • 参加メンバーの自主性・自律性で運営される
  • 暦の面白さ・関心などをシェアする(しなくてもOK)
  • 事前のテーマ・リクエスト歓迎
  • 会費は会場費と資料実費の頭割りで当日徴収(百円単位)
  • 剰余はプールし、時間の法則財団のドネーションに
  • 開催スケジュールは当日の参加メンバーで決める
  • J.T高木さんに取りまとめをいただいている
  • 第1回は白い磁気の魔法使いの年磁気の月7日(G2019.8.1)

続きを読む

waiar56 at 07:05コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年09月16日


月のサソリの月カリ25日、12シプ、白い磁気の世界の橋渡し(KIN66)

昨日は 第2回 福岡 暦会だった。
今回は、銀河ツールでの学びを求めて「時間の法則の20の銘板」について主催の高木さんに問い合わせてきたという青い月の鷲さんのご縁があっての開催ということで、日程もテーマも決まったのだが、

赤い空歩く者のウェイブスペル5の宇宙の門(音13)。
5WS×13音=KIN65の日。
それは65調波=5調波×13調波行程(=260KIN)
ということで、ツォルキンの65調波に対応づけられる64個のコドンにまつわる「20の銘板」をテーマにするのにふさわしいタイミングだったようだ。

集まったのは9人(白組3(KIN54,86,170)、青組4(KIN15,159,163,203)、黄組2(KIN56,96))。キンの合計は1002、対応キンはKIN222。月の月23-25日に対応するサイ時間単位とのシンクロ。

この日のために提供いただいた銘板キット5つも配布でき、実物の資料を確認しながら「時間の法則の20の銘板」の概要を説明した。

・銘板の実践期間、周期を閉じる16年間
・テレクトノンの法則の立方体(4×4=)16
・易の六十四卦=DNAの64コドン
・4つの塩基が三つ組で(4×4×4=)64コドン=六十四卦(四象(二相)の三つ重ね)
・64÷4=16
・16年(×13月)=208月、ドリームスペルの時間の盗みのあがない
・260÷4=65、ツォルキンの65調波と64コドンの対応

IMG_20190819_0001
(「銘板」:「「普遍生命の書」の64のウル・ルーンとコドン・キー」の裏表紙から)

・フランクリンの8次魔法陣に64コドンを置く
・魔法陣でのコドンの進行によるACとCA、双子の天使
・ACの前半8年(コドン1-16と49-64)とCAの後半8年(コドン17-48)
・1コドンを7週間で反転、13週間で回復。年(52週=13×4)に4つのコドンを回復
・4コドン×16年=64コドンの完遂
・生命に普遍のDNA64コドンを銀河の同期に向けて16年間で再生し回復する
・「地球の魔法使いのアルマナック」で当時のワーク内容にふれる


実践期間は終了している銀河ツールということで、今も生きているものを確認する。
・英語版アルマナックのP.274-275、調波(赤白青黃の4キン)に対応する64の二相コドン
64_biphasic_codons
(英語版アルマナックP.275から)

・アルマナックの数え方で月とキン(年とウェイブスペル)の対応を継続することもできる

そして「銘板」の64ウル・ルーン(8つのより糸)に続くものとして、
・英語版アルマナックのP.276、48ウル・ハーモニック・ルーン(より糸9-14)
・英語版アルマナックのP.277、48ルーンと13の月との対応

さらに六十四卦が出てくる資料として、シンクロノトロンの「パペチュアル28日
・外側の六十四卦は易の卦の番号
・内側の六十四卦はライプニッツの二進法表記(0-63)
・どちらもフランクリンの8×8魔法陣だが、別パターンのものに配置(『アースアセンディング』P.145)
・毎月の各日に28×2の卦が対応

>(参加者の皆様へ)実際にはきちんとお伝えできてはいないと思うが、説明したかったことを整理すると上のとおり ^^;;。

次々回は、自己存在の月18日(G11/4休)に決定

続きを読む

waiar56 at 10:56コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年09月14日


月のサソリの月セリ23日、10シプ、黄色い水晶の(KIN64)

今日は月のサソリの月の舵取りの塔、恋人たちの再会の日。
赤い空歩く者のWS5の水晶の種の円卓の日だ。

このウェイブスペルは、明日の暦会のテーマが「時間の法則の20の銘板」ということで、かなり復習したし、新たな気づきもたくさん頂いた。

そんな本日の気づきは、今日のキン番号64が8×8の易経の六十四卦であり、64コドンのDNAの値であるということ。

そうして意識すると、明日の福岡暦会のKIN65はツォルキンの65調波なので、暦の施しとしての易とコドンの「時間の法則の20の銘板」を意識するのにぴったりのタイミングだ。65=5×13だしね。
(クリカのDさんのツィートで年の8週目、今日から明後日までのサイ時間単位KIN222で、今日も明日も8×2×2×2=64とも気づく。)

そんな今日のフナブ・ク21のワークは、黄色い戦士の宮廷4のコンプリート。
hunabku21_kin64
戦士の紋章コード16×4=64

年の第8週の2番目のセリの日。8×2=16
16×今日の紋章コード4=64

数字中毒の恩恵でいくらでもこじつけられる。

さてどんな暦会になるか、楽しみ。

続きを読む

waiar56 at 18:58コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年08月01日


磁気のコウモリの月シリオ7日、6ポプ、黄色い共振の太陽(KIN20)GAP・PV

今日は、第1回の福岡 13の月の暦 会だった。
参加者9名のキン合計は1355、KIN55のハーモニック・コンバージェンスになった。
ちなみに441ではBMU32、2×16、8×4(4オクターブ)のクリスタル周波数。

もちろん狙うはずもないが、正午開始の会に文月朔日の新月(12:12)に合わせて遅刻するというまったりした雰囲気も含め、参加メンバー一人ひとりの興味や関心にインスピレーションを刺激されながらの情報交換を楽しませていただいた。
個人的には、銀河の署名を自由意志で引き受ける惑星キンを改めて意識できた。感謝!

週の7日目・シリオの日を意識して「虹の橋の瞑想」の紹介を準備して参加したので、配付した資料をここでもシェアしておく。(http://entaku.ehoh.net/shiryou/虹の橋の瞑想.pdf

rainbowbridgemeditation-simple
時間の法則財団のページでは第1~3週末はシンプル・バージョンになっていることに気づく機会にもなった。(月末の28日はフルバージョンとして時間原子やマスター時間分子を視覚化する。)



waiar56 at 23:07コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
記事検索
プロフィール

わいあ~

本棚
ペット
  • ライブドアブログ