生活

2017年01月08日


律動の月リミ27日、6チェン、赤い銀河の(KIN125)

2017年も明けて8日、七草粥もいただき、お正月気分もひと段落というところ。
遅ればせながら、新年おめでとうございます。

いつも自分のことしか考えていない(とか書くと語弊もある)が、自分の好みとか目の前の物事への反応を振り返ってみると、「他人の迷惑になることが嫌い」という自分の性質を再認識している。
例えば、歩道で前を行く人とは違う側を歩く人、逆方向からすれ違う人にスペースを譲るならまだしも、スラロームさせるとか。暗くなっても無灯火で走っている自転車とか。歩きスマホとか。

何が「他人の迷惑」なのかという各人の定義の問題でもあるとは思う。また、(マイ)ルール違反に憤っている面もありそうだ。

そもそも人のお世話にならずに生きてはいけないし、たとえ無人島でも周囲の環境なくしては生存できない。ならば、その世界になるべく負担をかけず、逆に自分の好みの行為によって何か貢献できるようでありたい。

今年も何かとお世話になりますが、どうぞ宜しくお願い致します。

(たまにはマヤ暦でも)
0.0.4.1.19、1カワク、2モアン
続きを読む

waiar56 at 11:09コメント(0)トラックバック(0) 

2016年12月29日


律動の月ガンマ17日、16モル、青いスペクトルの(KIN115)◎◇

今日から年末年始の休みに入った。
昨日は「今年一年お世話になりました。引き続きよろしくお願いいたします。よいお年を」といったご挨拶を幾人もの方と交わしたし、普段はしないテスク周りの整理整頓清掃も、それなりにはやった。

ごく自然で、当たり前のようにとっている、そうした行動や意識って「時のちから」なのだなぁと改めて思う。
月の相(ちなみに今日は師走朔日の新月)や天体の位置関係が人の意識に及ぼす影響は、個人的にはよく分からないのだが(だから否定できるはずもない)、人の意識が作り出す時間観とその影響は上記のような日常生活の中に明確に見出すことができる。

人の意識が作り出す時間観、それは本当だろうか?と疑ってみたりもするが、大みそかまであと2日、今年も残すところ3日というのは、真実のようだが、絶対的な真理ではない。
旧暦でいえば、上記のように年末の師走に入ったばかりだし、13の月の暦でいえば年の折り返しにも至っていない。要は今の時期をどのように意味づけているかということが、年の瀬のあわただしさの理由なのだと思う。

それがいけないというのではなく、時間に対する自分の意識が年末のあわただしさも年始の清々しさも創り出しているということを自覚していたいと思う。そうすることで無自覚に時間泥棒の犠牲になるのではなく、自分の人生をいかに生きるかに自覚的でありたいと思う。



waiar56 at 20:21コメント(0)トラックバック(0) 

2016年01月04日


律動の月セリ23日、2チェン、黄色い電気の戦士(KIN16)

2016年、新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。

今年の干支はサル、丙申(ひのえさる)だとか。
甲乙丙丁・・の十干と、子丑卯寅・・の十二支が組み合わさっての60年サイクルといわれると、13の銀河の音と通路の地球家族の4つの紋章が組み合わさっての52年サイクルを連想してしまう。

サイクルは円環なのだから、始まりも終わりもないとは思いつつ、つい番号を振って何番目の年かを確認したくなる自分。
で、計算ソフトに十干と十二支を入れて、甲子(きのえね)を1番としてカウントしていくと、丙申は33番という結果になった。

計算ソフトのフィルター機能で「申」を選んで確認したのだが、十干の方は5つしか対応しないことに改めて気づかされる。
60÷12=5だから当然なのだが、何となく十干全部に対応するような勘違いをしていた。
ちなみに申歳に対応するのは、(「木火土金水」の)「兄(え)」(甲・丙・戊・庚・壬)の方。

干支(えと)は、十干と十二支でありつつ、兄弟(えと)だということで、2016年は兄=陽の年回りと意識してみた。(だから縁起がいいというのではなく、陰陽の両方が必要な中で、陽を意識するタイミングだと勝手に想った次第。)

「丙申 33番」というキーワードでググってみると、四柱推命のサイトに60番までの干支番号表があり、一致が確認できた。他の干支番号に興味がある方は計算ソフトで調べるよりもネット検索する方をおススメしたい。5つの陽干と対応する陽支(子寅辰午申戌)と、陰干と対応する陰支(丑卯巳未酉亥)の説明も読むことができた。

興味ついでに13の月の暦の方の今年、白い惑星の魔法使いの年も番号を振ってみると52年サイクルの10番だった。
(1・月を1番とした場合)
干支は年単位のカウントだが、13の月の暦の方の年の名前は日のカウント、つまり1月1日に当たる日の名前を使っていて、しかも音は1つずつ進み紋章も赤白青黄色の順番通りに52年が巡るという美しさを改めて感じてしまう。(日のカウントといいつつ、うるう日をスキップすることも意識されるが、それはグレゴリオ暦との同期の問題としておきたい。)




waiar56 at 18:02コメント(0)トラックバック(0) 

2015年12月25日


律動の月リミ13日、12モル、白い律動の世界の橋渡し(KIN6)、律動の音の魔術のカメの日

クリスマス本番。
昨日のイブは何故かスキップされ、どうやら今日が我が家のケーキを食べる日らしい。
 ↑一昨日に冷凍で届いたケーキの自然解凍が間に合わなかったらしい・・
もちろん何の不満はない。

というよりも、今日の投稿自体、クリスマスそのものよりもタイトルのクリスマスソングがテーマだ。
横文字だけだと、どの歌?と思われるかもしれないが、ウィーウィッシュユアメリークリスマス、アンド、アハッピーニューイヤーという暮れから正月までをカバーするお馴染みの歌だ。

個人的にこの歌が鳴り響いているのは、歩いているとき、そうウォーキング中だ。
街にも鳴り響いているかもしれないが、脳内リピートしている、いや、させている。

日頃の定番曲は、知床旅情なのだが、関連が分かるだろうか?

続きを読む

waiar56 at 19:45コメント(0)トラックバック(0) 

2014年11月02日


自己存在の月セリ16日、19ツェク、
黄色い自己存在の(KIN108)、GM108X、GAP


秋の深まりを街路樹の紅葉や赤い実、住宅の敷地内に落ちているドングリに触れながら感じている。

そうした季節のイベントに接して旬を感じているのだが、同時に旬の状態だけがあるのではなく、今に至るまでの過去の状態を経てこその旬であり、これからの未来に向かう要素も包まれていることを想っている。

いまに集中して、そこに在る旬をただ楽しむのもOKだが、いま旬であるために、どのような旬ではない時間が内包されているのかにもイメージを広げていたい。

旬というのとは少し違うけれども、青空を見上げながら、そこに宇宙の星々をイメージできるって素敵だと思う。



waiar56 at 13:20コメント(0)トラックバック(0) 

2014年10月11日


電気の月ダリ22日、17ソツ、
白い銀河の世界の橋渡し(KIN86)


実家から離れた生活で、お墓(正確には納骨堂)参りや法事は親に任せている。
信仰に関しては積極的ではなく、そういう立場になれば慣例に従うのだと思っている。

自宅には仏壇はないが、短冊線香供養は続けている。
この供養は、伊勢白山道氏のネット記事や本に触発されたもので、「○○家先祖代々の霊位」と自分で書いた短冊を立て、線香をあげるものだ。
最初の2本は「ご先祖の皆々様、生かしていただき有難う御座います。」、次の1本は「その他諸々の霊の皆々様、生かしていただき有難う御座います。」と唱えながらお線香をあげるので、自分としてはそれでご先祖供養をしているつもりだ。

ご先祖の皆々様というとき、健在の母も、亡くなった父も含め、祖父母、曾祖父母、その父母に連なる人々、、30代(ひと世代30年としても900年)も遡って単純累計をすると10億人は軽く超えることになるが、ここで言いたいのは計算がおかしいということではなく、やはりとんでもなく多くの人が一人も欠けることなく存在しなければ、その血筋になる自分は存在しえないという奇跡。その奇跡を下さった一人ひとりの存在に感謝し、生んでいただき、育てていただいたことに感謝したい。

その他諸々の霊の皆々様というときも、この齢になるまでご縁をいただいた方々だけでなく、生まれ、育つことができ、暮らしている社会制度、国、地球環境を含めて、この世に生をいただいているという奇跡を感じ、感謝したい。

ということで、供養といっても、ご先祖がうかばれていないなどと思ってはいないし、自分がすることでご先祖の供養になると思っている訳でもなく、今、ここを生じさせている過去の奇跡、それは当然のように目の前にあるものだけれど、しかしまさに有難いことなのだと感謝したいという想いなのだと思う。



waiar56 at 17:47コメント(0)トラックバック(0) 

2014年10月01日


電気の月アルファ12日、7ソツ、
黄色いスペクトルの戦士(KIN76)


「身体を意識している」のシリーズで、このところ意識しているのは、胸を張らずに(=ろっ骨を開くことなく)、肩甲骨を寄せること。
肩甲骨を含む両肩の骨は胸の上に乗っている状態なので、両方の肩甲骨を寄せることと胸を張るかどうかは関係ないはずだと思っている。
もちろん、胸を張れば肩甲骨が寄ってくるのだろうが、目的としているのは肩甲骨そのものの可動範囲を広げることなので、胸あるいはろっ骨と連動させずに肩甲骨だけを独立させて動かすことを意識している。



waiar56 at 06:05コメント(0)トラックバック(0) 

2014年08月31日


月の月セリ9日、16ウォ、
赤い律動の(KIN45)

DVDで『そして父になる』を観た。
予備知識なしだったが、もう一つの家族である電気屋さんの地元の風景に、どこか馴染みを感じていた。
 
ラスト近くの、川沿いの遊歩道&サイクリングロード、親子の絆を結びなおすクライマックスの場面は、よく散歩していた群馬大橋の石倉町方面、利根橋へ向かうところだとすぐに分かり、懐かしさを感じた。

県庁近くの職場から、前橋女子高近くの宿舎まで、最短で歩くには近すぎて、特に仕事帰りには平成大橋まで利根川沿いを迂回して帰ったものだ。あれも2年以上前のこと。
単身生活の2年間は、やはり非日常的な特別感があり、お世話になった方々、場所、出来事など、懐かしく思い出す。
お世話になりましたと、改めて感謝しておきたい。



waiar56 at 23:10コメント(0)トラックバック(0) 

2014年08月16日


磁気の月ダリ22日、1ウォ、白い銀河スペクトルを変換する極性キン
白い自己存在の(KIN30)

「ごきげん」 、好きな言葉の一つだ。

ご機嫌。どうしてこれで気分上々の意味になるのか不思議に思って調べてみた。
元々は仏教用語で「譏嫌」と書き、人々がそしりきらい、不愉快に思うこと(を避けるべし)という戒律からきているらしい。
意味の転化の詳しい説明を見つけることはできなかったが、他人が不愉快に思うことを避けるために「譏嫌」をうかがい、「譏嫌」をとるうちに、細かな心の動きを意味する「機」(機転や機知に使われる)が使われるようになり、気持ちや気分の良し悪し全体の意味を持つようになったのかなと解釈した。で、機嫌がいい、上機嫌の方が「ごきげん」で表されるようになった。。。

タイトルの「ごきげんのもと」というのは、自分を上機嫌にしてくれる種みたいなもののコト。
個人的には
感謝、笑顔、健やかさ、達成、上達、気づき、貢献、豊かさ、余裕
美味しいもの、好きな音楽、熟眠
姿勢をよくする、伸びをする、口角を上げる
などなど。

なるべくゴキゲンでいるためには、怒りや不満、心配などのマイナスな想いも認めて、うまく処理してやりながら、ごきげんのもとのストックは増やしたいと思っている。
アナタのごきげんのもとは、な~に?



waiar56 at 15:56コメント(0)トラックバック(0) 

2014年08月08日


磁気の月シリオ14日、13ポプ、
白い太陽の(KIN22)

朝の駅のホーム、電車を待つ間に向かいのホームを歩く人を眺めていた。
その人なりのペースで、また、腕の振り方、歩幅、前傾、頭や肩の揺れなど、本当に十人十色の歩き方をしているが、格好いいと思える人は多くない。
人の振り見て我が振り直せ。実際に格好よくなっているかどうかは別として、まずはどんな姿勢、動作を格好いいと感じるのか、イメージし、それに近づくことを心がけたい。



waiar56 at 23:11コメント(0)トラックバック(0) 

2014年08月05日


磁気の月カリ11日、10ポプ、
青い律動の(KIN19)

京浜東北線で通勤するようになって4か月。
JR王子駅下りホームの発車メロディは「もののけ姫」だと思っていた。

続きを読む

waiar56 at 06:06コメント(0)トラックバック(0) 

2014年08月02日


磁気の月ダリ8日、7ポプ、
黄色い電気の戦士(KIN16)

個人的かつ勝手に「キス魔」と呼んでいるものがある。
当然、自分自身のことではない(・・・はず)。
特定の誰かをイメージしているものでもない。

でも、「キス魔」が前を歩いていると気になるというか、チッ!と舌打ちしたくなる。
正面から向かって来られた場合は、やはり気になるが、先に避けてしまうことも、あえて避けずに相手に気づかせたいと思うこともある。

さて、「キス魔」の正体は分かっただろうか?

続きを読む

waiar56 at 23:16コメント(0)トラックバック(0) 

2014年07月31日

下の一年ほど前の記事の続報。
なるべく健やかな身体でいたいものとは思いつつ、鍛えることは余りしていない。

このところ気をつけているのは、
・腰を立てること
・肩甲骨を寄せること
・丹田に腹圧をかけること 
・口角を上げること<ここまで前と変わりないことに気づく>
・腕(ひじ)を後ろに振って歩くこと


赤い惑星の月の年磁気の月リミ6日、5ポプ
白い磁気の魔法使い(KIN14)、磁気の音の魔術のカメの日

=====
このところ身体の使い方を意識しながら、きちんと動けているかに注意している。

何を意識しているかというと、
(1) 骨、腱、筋肉という身体の構造に対して、軸と重心を合わせること。乗る。
(2) 重心のバランスを外して運動エネルギーとすること。崩す。
(3) 蹴るというよりも、逆の脚の膝を抜く。
(4) 姿勢よく。耳の穴が肩の上に、肩甲骨を寄せ、肩を下げ、丹田に腹圧、肛門を締める。

きちんと動けていないパターンとしては、躓いたり、何かにぶつかったり。少しおかしな言い方かもしれないが、きちんと世界認識ができていないか、認識した世界に身体動作が対応できていないという感覚を持っている。

身体の構造に自然な動きで、認識した世界にきちんと対応したいということを意図し、意識しているところで、やがて無意識に対応できている状態になりたいものだ。

=======
黄色い銀河の種の年 月のサソリの月カリ25日、12シプ、8・戦士(KIN216)

 

waiar56 at 06:09コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
livedoor プロフィール
本棚
ペット
  • ライブドアブログ