生活

2020年08月13日


磁気のコウモリの月アルファ19日、18ポプ、赤い共振の地球(Kin137)


今日のKin137、7・地球は、「アー・ヴク・ティ・カブ」とか「7・地球の主」と呼ばれる。1スピン前のKin137には、毎月12日のプチ・バースデイと重なるこの日に中心を感じたことを書いているが、改めて7・地球をおさらいしてみる。


「7:7::7:7」インストラクション・マニュアルp.12から引用すると
(「7:7::7:7」の最初の解読の共振の月21日=)7.21のサイ時間単位は、7・地球、キン137で、ツォルキン・マトリクスの7番目あるいは神秘の柱の17番目の位置にある。マヤの伝統で、7・地球、赤い共振の地球は「アー・ヴク・ティ・カブ」あるいは「7・地球の主」と呼ばれる。

地球の核の共振力のクロノグラフ的な「守り手」であるアー・ヴク・ティ・カブは、地球の中心の神秘的な主であり、フナブ・ク(エネルギー的な放射状プラズマの源泉)の指令を、生物圏のその他の領域へともたらす仲介者である。アー・ヴク・ティ・カブの力は、パカル・ヴォタンやパドマサンバヴァのようなテキストの隠匿者や、テルトンすなわち隠されたテキストの発見者の知る力に応じてのみ活用される。


こうしてタイミングを感じ、情報を調べてみることで、改めてそういうことが書かれていたのかと新鮮に読み返している。
こうしてシェアすることで、その一端に触れていただけたらウレシイ。


銀河ツールは、預言の啓示=テルトンによるテルマの発掘によってもたらされているといえそうだが、それはユーザーである一人ひとりと関係のないものではなく、引用の最後「テキストの発見者の知る力に応じてのみ活用される」とあるのは、銀河ツールの背景にあるフナブ・ク(銀河の中心)の指令につながっていく、そんな遊び方が大切なのだというイメージをもった。

CIMG2236
(英語版の「7:7::7:7」7つのウルの地球の AH VUC TI CAB)

暦を使うこと=シンクロノメターで遊ぶことも、まずは日々を目盛る・自分のメモをとるといった行為を、あれこれ考えるのではなく愚直に続けることから入るのだと思うが、その行為を通じて元々の自分自身のリズム(=太陽系の地球上の緯度・土地などに育まれたもの)の中にも流れている、銀河の中心のフナブ・クやシャンバラのリズムと響きあうことに、いつかは通じるのだろうなどとイメージしながら、盆の入りのお参りをしてきた。



waiar56 at 10:58コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年08月09日


磁気のコウモリの月ダリ15日、14ポプ、赤い電気の空歩く者(Kin133)

今日から磁気の月の第3週が始まる。(青い月の嵐の)年と(青い第3)週が 変容の青でシンクロしているタイミングともいえる。
ツォルキンの中心になる虚空調波33(Kin129-132)を過ぎて、後半の調波34「律動の出力: 同等の知性を表現する」の4日間の始まりも意識する。

===
8月9日といえば長崎原爆の日。
今年は1945年の被爆から75周年の節目の年だとニュースに流れていた。

5年目、10年目などを節目の年と表現するように思うが、それは5で割り切れる数(=5の倍数)をそのように(節目と)捉えるのかなと想像する。

年に限らず5の倍数を節目・区切りの単位と捉える感覚が私たちの中にありそうだというイメージをもった。

指の数の5、五体(これは5の観念の方が先かな)といった区切り単位の5という数字の力が意識下にあって、75周年も節目の年として常識的に受け止められているのだと思われる。


「13の月の暦」ユーザーならば、5の倍数とは、銀河の音を表記するマヤ式の数字のドット・バーコードで、点がない(棒(かゼロ)だけの)カウントのことだとイメージできると思う。

CIMG2228
(時間-生命 倍音パルサー)

実は太陽の紋章コード番号の方もドット・バーコードで表記されることはあり、黄色い太陽、赤い蛇、白い犬、青い猿の極性の地球家族が点がないグループになる。
人のホロンでは、クラウン(頭頂)のチャクラに対応している。
CIMG2227
(人のホロン)


ホロンという構造性に対応する「5=倍音」のハーモニクスが節目ということに通じていることを感じた。



waiar56 at 18:02コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年07月29日


磁気のコウモリの月カリ4日、3ポプ、白い倍音の風(KIN122)

今日は上に書いたとおり1の月4日、3ポプ、5・風(紋章番号2)の日ということで、数字の1から5がきれいにコンプリートしていて気持ちいい。

===
輝きを伝えるのがキーワードの今日は「13の月の暦」ユーザーということに限らない違和感として、拡散希望に対する自分の感覚をお伝えしたい。
CIMG2194
(5・風の銀河の羅針盤)

電子メール、フェイスブックやツィッターなどのSNSで「拡散希望」とか「家族や大切な人に伝えてください」といったコメントをそれなりに見かける。

今日、我が家(福岡県田川郡)の母も「郡内の〇〇の店でコロナ感染があったらしい。あの店には行ってはいけない。」という(とても真面目な方らしい)お友達からの情報を伝えてきた。

「いや本当に感染者が出たのなら、行こうにもお店が営業していないんじゃない?その人が親切で教えてくれているのは分かるけど、もしかしたらデマかもしれないと思う方がいいし、自分で確認がとれないうちは誰かに伝えてはいけないと思うよ。」という話をした。

手元でネット検索をした範囲ではそれらしい感染情報は確認できなかったので、お店の方にはとんだ営業妨害なのだろうなと思っている。


デマの話と拡散希望は違うよという感覚の方もおられるのだろうと想像する。

よく見かける「拡散希望」は、この大切な情報を少しでも多くの人に知ってほしい、この動きへの協力や連帯の輪を大きく広げたいなど、まさしく善意で、伝える先にも大切な情報と考えて、できればバスってほしいという想いから呼びかけられているもののように感じている。

良かれと思っての行為なのは十分に分かる。本人の感覚・直観・気持ちでも大切な情報だと感じ、できるだけ早急に&多くの人へと伝える必要があると感じているのだろうとは思う。
しかし、自分が伝えることの結果や影響はそれを伝える前に想像してほしい。もしデマ情報だったとき、あるいは特定の状況にだけ有効で別の状況には被害が出てしまいかねない情報だったときに、「いや自分は誰かから聞いたことを良かれと思って伝えただけだから」と言えるのだろうか?

少なくとも当事者として責任をもって発信するのでなければ情報を出してはいけないと思っているし、そうであれば伝言ゲームになりかねない拡散希望はしてはいけないと自分は思っている。

と同時に、こんなデマに注意という情報拡散もやはり要注意なので、これも伝聞情報としては発信したくない。

一方で、本当に支援が必要とされている困窮などの状況があり、支援の輪を呼びかけたいケースも当然にある。こうしたケースでは、受け手が情報を信じたとして何らかの被害が生じる恐れがないかを想像した上で、被害発生の可能性があるのなら発信しない・そうした問題点も付記して伝えるという発信の仕方が必要だろうし、情報に共感して転送する場合にはオリジナルの呼びかけが分かる形で自己責任の自覚のもとに発信するのかなと思っている。



waiar56 at 22:34コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年01月01日


律動のトカゲの月リミ20日、19モル、黄色い電気の(KIN68)

2019年が明けた。
年の初めに日ごろいただいているご縁に改めて感謝し、引き続きのお付き合いを祈念する。また新たなご縁が広がることにも期待する。

「13の月の暦」を使っているからといって、グレゴリオ暦を否定する必要はない。
提唱者のアグエイアス夫妻は、改暦、12:60の時間から13:20の時間への改暦を訴えたが、それはグレゴリオ暦と機械時計の時間観が非人間的なまでに効率を追求するものであり、常識や権威の鵜呑みに無自覚であることに気づくための別のモノサシを提示したものと受け止めている。

なので自覚的にお正月の風物を楽しみ、年始を寿ぎたい。もちろん、おせちやお雑煮を用意してくれるカミさんにも感謝しかない。
ニューイヤー駅伝は、前橋勤務当時を思い出しながら、ぐんまちゃんだけでなく、前橋市のころとんにも愛着を感じた。明日からの箱根駅伝も楽しみたい。

個人的には来る3月末に定年を迎え、ライフステージが大きく変わる時なので、カミさんと共に臨機応変が楽しめるように過ごしたいと思っている。



waiar56 at 18:07コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年02月18日


銀河の月アルファ12日、7サク、青いスペクトルの(KIN11)

今日はマイ・バースデー。皆様からのお祝いをいただき、ご縁に感謝する。誕生をいただいた両親・ご先祖のご恩、家族の支え合いにも改めて想いを馳せる。

といいつつ特別な一日ということもなく、コーヒーを淹れて楽しんだり、オリンピックのテレビ観戦をしたり、プールで泳いだり、快晴の陽光を浴びたり、白梅の花を愛でたり、そんな日常そのものの奇跡の有り難さを感じていた。

今日からの59歳の一年は青いスペクトルの猿の歳回り、13の月の暦の提唱者であるホゼの銀河の署名の一年を歩むことが意識される。
幻想を溶かし、魔術を解き放ち、解放を遊ぶタイミングと意識してみる。

ドリームスペルでの運命の道筋では既に還暦の52歳を過ぎ、7歳と同じ道筋の2周目になるが、1周目では無意識に過ごしたことにも意識的であればと感じている。
と同時に、社会的な60歳の還暦、仕事の定年退職を来年に控えて、リアルライフでもセカンド・ライフに向けての検討、下準備、爪とぎなど、変革と充実の一年にしたい。



waiar56 at 18:46コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年01月08日


律動の月リミ27日、6チェン、赤い銀河の(KIN125)

2017年も明けて8日、七草粥もいただき、お正月気分もひと段落というところ。
遅ればせながら、新年おめでとうございます。

いつも自分のことしか考えていない(とか書くと語弊もある)が、自分の好みとか目の前の物事への反応を振り返ってみると、「他人の迷惑になることが嫌い」という自分の性質を再認識している。
例えば、歩道で前を行く人とは違う側を歩く人、逆方向からすれ違う人にスペースを譲るならまだしも、スラロームさせるとか。暗くなっても無灯火で走っている自転車とか。歩きスマホとか。

何が「他人の迷惑」なのかという各人の定義の問題でもあるとは思う。また、(マイ)ルール違反に憤っている面もありそうだ。

そもそも人のお世話にならずに生きてはいけないし、たとえ無人島でも周囲の環境なくしては生存できない。ならば、その世界になるべく負担をかけず、逆に自分の好みの行為によって何か貢献できるようでありたい。

今年も何かとお世話になりますが、どうぞ宜しくお願い致します。

(たまにはマヤ暦でも)
0.0.4.1.19、1カワク、2モアン
続きを読む

waiar56 at 11:09コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年12月29日


律動の月ガンマ17日、16モル、青いスペクトルの(KIN115)◎◇

今日から年末年始の休みに入った。
昨日は「今年一年お世話になりました。引き続きよろしくお願いいたします。よいお年を」といったご挨拶を幾人もの方と交わしたし、普段はしないテスク周りの整理整頓清掃も、それなりにはやった。

ごく自然で、当たり前のようにとっている、そうした行動や意識って「時のちから」なのだなぁと改めて思う。
月の相(ちなみに今日は師走朔日の新月)や天体の位置関係が人の意識に及ぼす影響は、個人的にはよく分からないのだが(だから否定できるはずもない)、人の意識が作り出す時間観とその影響は上記のような日常生活の中に明確に見出すことができる。

人の意識が作り出す時間観、それは本当だろうか?と疑ってみたりもするが、大みそかまであと2日、今年も残すところ3日というのは、真実のようだが、絶対的な真理ではない。
旧暦でいえば、上記のように年末の師走に入ったばかりだし、13の月の暦でいえば年の折り返しにも至っていない。要は今の時期をどのように意味づけているかということが、年の瀬のあわただしさの理由なのだと思う。

それがいけないというのではなく、時間に対する自分の意識が年末のあわただしさも年始の清々しさも創り出しているということを自覚していたいと思う。そうすることで無自覚に時間泥棒の犠牲になるのではなく、自分の人生をいかに生きるかに自覚的でありたいと思う。



waiar56 at 20:21コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年01月04日


律動の月セリ23日、2チェン、黄色い電気の戦士(KIN16)

2016年、新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いします。

今年の干支はサル、丙申(ひのえさる)だとか。
甲乙丙丁・・の十干と、子丑卯寅・・の十二支が組み合わさっての60年サイクルといわれると、13の銀河の音と通路の地球家族の4つの紋章が組み合わさっての52年サイクルを連想してしまう。

サイクルは円環なのだから、始まりも終わりもないとは思いつつ、つい番号を振って何番目の年かを確認したくなる自分。
で、計算ソフトに十干と十二支を入れて、甲子(きのえね)を1番としてカウントしていくと、丙申は33番という結果になった。

計算ソフトのフィルター機能で「申」を選んで確認したのだが、十干の方は5つしか対応しないことに改めて気づかされる。
60÷12=5だから当然なのだが、何となく十干全部に対応するような勘違いをしていた。
ちなみに申歳に対応するのは、(「木火土金水」の)「兄(え)」(甲・丙・戊・庚・壬)の方。

干支(えと)は、十干と十二支でありつつ、兄弟(えと)だということで、2016年は兄=陽の年回りと意識してみた。(だから縁起がいいというのではなく、陰陽の両方が必要な中で、陽を意識するタイミングだと勝手に想った次第。)

「丙申 33番」というキーワードでググってみると、四柱推命のサイトに60番までの干支番号表があり、一致が確認できた。他の干支番号に興味がある方は計算ソフトで調べるよりもネット検索する方をおススメしたい。5つの陽干と対応する陽支(子寅辰午申戌)と、陰干と対応する陰支(丑卯巳未酉亥)の説明も読むことができた。

興味ついでに13の月の暦の方の今年、白い惑星の魔法使いの年も番号を振ってみると52年サイクルの10番だった。
(1・月を1番とした場合)
干支は年単位のカウントだが、13の月の暦の方の年の名前は日のカウント、つまり1月1日に当たる日の名前を使っていて、しかも音は1つずつ進み紋章も赤白青黄色の順番通りに52年が巡るという美しさを改めて感じてしまう。(日のカウントといいつつ、うるう日をスキップすることも意識されるが、それはグレゴリオ暦との同期の問題としておきたい。)




waiar56 at 18:02コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年12月25日


律動の月リミ13日、12モル、白い律動の世界の橋渡し(KIN6)、律動の音の魔術のカメの日

クリスマス本番。
昨日のイブは何故かスキップされ、どうやら今日が我が家のケーキを食べる日らしい。
 ↑一昨日に冷凍で届いたケーキの自然解凍が間に合わなかったらしい・・
もちろん何の不満はない。

というよりも、今日の投稿自体、クリスマスそのものよりもタイトルのクリスマスソングがテーマだ。
横文字だけだと、どの歌?と思われるかもしれないが、ウィーウィッシュユアメリークリスマス、アンド、アハッピーニューイヤーという暮れから正月までをカバーするお馴染みの歌だ。

個人的にこの歌が鳴り響いているのは、歩いているとき、そうウォーキング中だ。
街にも鳴り響いているかもしれないが、脳内リピートしている、いや、させている。

日頃の定番曲は、知床旅情なのだが、関連が分かるだろうか?

続きを読む

waiar56 at 19:45コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年11月02日


自己存在の月セリ16日、19ツェク、
黄色い自己存在の(KIN108)、GM108X、GAP


秋の深まりを街路樹の紅葉や赤い実、住宅の敷地内に落ちているドングリに触れながら感じている。

そうした季節のイベントに接して旬を感じているのだが、同時に旬の状態だけがあるのではなく、今に至るまでの過去の状態を経てこその旬であり、これからの未来に向かう要素も包まれていることを想っている。

いまに集中して、そこに在る旬をただ楽しむのもOKだが、いま旬であるために、どのような旬ではない時間が内包されているのかにもイメージを広げていたい。

旬というのとは少し違うけれども、青空を見上げながら、そこに宇宙の星々をイメージできるって素敵だと思う。



waiar56 at 13:20コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年10月11日


電気の月ダリ22日、17ソツ、
白い銀河の世界の橋渡し(KIN86)


実家から離れた生活で、お墓(正確には納骨堂)参りや法事は親に任せている。
信仰に関しては積極的ではなく、そういう立場になれば慣例に従うのだと思っている。

自宅には仏壇はないが、短冊線香供養は続けている。
この供養は、伊勢白山道氏のネット記事や本に触発されたもので、「○○家先祖代々の霊位」と自分で書いた短冊を立て、線香をあげるものだ。
最初の2本は「ご先祖の皆々様、生かしていただき有難う御座います。」、次の1本は「その他諸々の霊の皆々様、生かしていただき有難う御座います。」と唱えながらお線香をあげるので、自分としてはそれでご先祖供養をしているつもりだ。

ご先祖の皆々様というとき、健在の母も、亡くなった父も含め、祖父母、曾祖父母、その父母に連なる人々、、30代(ひと世代30年としても900年)も遡って単純累計をすると10億人は軽く超えることになるが、ここで言いたいのは計算がおかしいということではなく、やはりとんでもなく多くの人が一人も欠けることなく存在しなければ、その血筋になる自分は存在しえないという奇跡。その奇跡を下さった一人ひとりの存在に感謝し、生んでいただき、育てていただいたことに感謝したい。

その他諸々の霊の皆々様というときも、この齢になるまでご縁をいただいた方々だけでなく、生まれ、育つことができ、暮らしている社会制度、国、地球環境を含めて、この世に生をいただいているという奇跡を感じ、感謝したい。

ということで、供養といっても、ご先祖がうかばれていないなどと思ってはいないし、自分がすることでご先祖の供養になると思っている訳でもなく、今、ここを生じさせている過去の奇跡、それは当然のように目の前にあるものだけれど、しかしまさに有難いことなのだと感謝したいという想いなのだと思う。



waiar56 at 17:47コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年10月01日


電気の月アルファ12日、7ソツ、
黄色いスペクトルの戦士(KIN76)


「身体を意識している」のシリーズで、このところ意識しているのは、胸を張らずに(=ろっ骨を開くことなく)、肩甲骨を寄せること。
肩甲骨を含む両肩の骨は胸の上に乗っている状態なので、両方の肩甲骨を寄せることと胸を張るかどうかは関係ないはずだと思っている。
もちろん、胸を張れば肩甲骨が寄ってくるのだろうが、目的としているのは肩甲骨そのものの可動範囲を広げることなので、胸あるいはろっ骨と連動させずに肩甲骨だけを独立させて動かすことを意識している。



waiar56 at 06:05コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年08月31日


月の月セリ9日、16ウォ、
赤い律動の(KIN45)

DVDで『そして父になる』を観た。
予備知識なしだったが、もう一つの家族である電気屋さんの地元の風景に、どこか馴染みを感じていた。
 
ラスト近くの、川沿いの遊歩道&サイクリングロード、親子の絆を結びなおすクライマックスの場面は、よく散歩していた群馬大橋の石倉町方面、利根橋へ向かうところだとすぐに分かり、懐かしさを感じた。

県庁近くの職場から、前橋女子高近くの宿舎まで、最短で歩くには近すぎて、特に仕事帰りには平成大橋まで利根川沿いを迂回して帰ったものだ。あれも2年以上前のこと。
単身生活の2年間は、やはり非日常的な特別感があり、お世話になった方々、場所、出来事など、懐かしく思い出す。
お世話になりましたと、改めて感謝しておきたい。



waiar56 at 23:10コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
記事検索
プロフィール

わいあ~

本棚
ペット
  • ライブドアブログ