2020年08月08日

預言について


磁気のコウモリの月シリオ14日、13ポプ、黄色い月の(Kin132)

今日は磁気の月の第2週末の虹の橋の瞑想の日。
2・人(Kin132)は、「時間の法則の20の銘板」のインストラクションマニュアルにある、28日間の復活のテレクトノンの時間トンネルからヴァルム・ヴォタンとして出てくる復活した月の人の日だ。

2の嵐の年の第2週の2の人の日ということで、2の音の極性化、対象化の働きをイメージしている。

===
「時間の法則の20の銘板」や「テレクトノン」では 「預言」という言葉が出てくる。

「13の月の暦」関連では、
赤い空歩く者(紋章番号13)のキーワード
太陽の預言的な流れ
13の天国と9つの地獄の預言
預言を語る石
預言の7年
などが見られる。
CIMG2216
(フナブ・ク21の赤い空歩く者のアーキタイプは「プロフェット」)

英語(名詞形)は prophecy
形容詞形では prophetic
預言を伝える預言者は prophet


預言というのは、
<デジタル大辞泉の解説>
キリスト教で神託を聴いたと自覚する者が語る神の意志の解釈と予告。また、それを語ること。


キリスト教に限定せず、神や神霊の意志を言葉として聴き、伝えるような宗教的なものと理解している。



改めて調べてみると、ウィキペディアの「預言者」の項には、訳語の問題として、「預かった言葉」は本来誤用であるとして、預言者(prophet)には「神の代弁者」と「未来を語る者」の両方の意味があるということだが、預言(prophecy)と予言(foretell,predictなど)を区別するように使い分けることをしているようだ。


「13の月の暦」関連の prophecy の訳語でも「預言」とされており、その意味は「未来を語ること」ではなく、「預言者を通じてもたらされる神霊の言葉」なのだと思っている。
それは精神圏への移行や惑星意識との調和といった銀河的な平和への意志の言葉ではないだろうかとも思う。




waiar56 at 18:13コメント(0)13の月の暦   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
プロフィール

わいあ~

本棚
ペット
  • ライブドアブログ