2020年08月07日

フナブ・ク21; オラクルのアーキタイプに出会う


磁気のコウモリの月リミ13日、12ポプ、青い磁気の(Kin131)

今日からツォルキンの後半に入るKin131は、猿の創世記と猿のウェイブスペルを開く。磁気の月の磁気の音の日なので、今年最初の魔術のカメの日、磁気の音の目的のステップを何となく想う立秋だ。
立秋を調べると、二十四節気の第13ということで今日の日付とシンクロしている。定気法の立秋=太陽黄経135度は、夏至の90度と秋分の180度の中間のポジションだ。

===
「フナブ・ク21」の構造シリーズのラストは、当日のオラクルに対応するアーキタイプを紹介したい。

当日のオラクルというのは、その日の銀河の通路となる運命キンと4つの関連キン(類似、反対、神秘、ガイドのキン)のこと。
destinyoracle-guide

テレクトノンのピラミッドの対応と同じになるのだが、テレクトノンでは紋章番号、惑星軌道の順番に紋章が並んでいるのに対して、フナブ・ク21の紋章=アーキタイプはホロマインドパーシーバーの第2回路、第5回路、第7回路にあってパターンはあるけれど順番に並んではいないので、対応する紋章=アーキタイプの位置を見つけるのには少しの慣れが必要かもしれない。
441-with-hunabku21

オラクルそのものに不慣れなら、「13の月の暦手帳」の両開きの月別ページなどにある今日のオラクルからそのまま紋章を確認すればいい。


「ドリームスペル」や「テレクトノン」のオラクルの5つの紋章では、運命・類似・反対・神秘・ガイドの働きがチェックされることになるが、「フナブ・ク21」では、とりあえずは個別の働きよりも5つの配置と位置関係を脳にイメージし、そしてアーキタイプにつけられた詩文を味わうところからスタートすればいいと思われる。

英語だが
の MEET THE GALACTIC ARCHETYPES のアーキタイプの絵の右に詩文がある。
青い猿はMAGICIANだが、マジシャンとウィザードとソーサラーの違いなど、『脳活フナブ・ク21』ではアーキタイプのキャラクターの深掘りも楽しんでいただけると思う。


脳の部位への対応図もいくつかあるが、個人的には441マトリックスを9分割するこちらの図が好み。9つの時間次元、7つのメンタルスフィア、さらにはシリウス、アルクトゥルス、アンタレス、プレアデス、AAミッドウェーといった銀河のフォースフィールドの情報も見え、3つのボディ(三身)なども重なった地図になっている。
441-basic-9times



waiar56 at 17:38コメント(0)13の月の暦   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
プロフィール

わいあ~

本棚
ペット
  • ライブドアブログ