2020年05月13日

年齢とキン番号とのシンクロ


スペクトルのヘビの月アルファ12日、11モアン、赤い律動の(KIN45)


毎月12日はマイ・プチバースデイ。白い魔法使いの年の毎月12日は赤い色の紋章のプチバースデイになる。

このところ意識してきた「人の反作用パルサー爆弾」の締めくくり1・太陽(KIN40)が7日=(「テレクトノン」の対応で)法則の立方体1ということで、黄色い太陽のウェイブスペル4の13日間は、音と立方体の番号がシンクロする期間になる。(スペクトルの月7日=立方体1⇒1・太陽(KIN40)~同月19日=立方体13⇒13・人(KIN52)まで)


==
フェイスブックの「13の月の暦」水晶の円卓という公開グループの投稿で、誕生日に年齢=キン番号になるという気づきがシェアされていたので、どういうパターンなのか検討してみた。


まずは0歳。キン番号0はないので後回しにしておく。

次に1歳=KIN1
となると0歳の誕生キンは、1-105+260=KIN156、13・戦士

(説明)いち年365日に260日周期のツォルキンは105キン進む(365=260+105)ので、1年前のキンは逆に105マイナスという計算になる。キン番号は1から260までなので、0以下や260超になるときは±260で調整する。

2歳=KIN2
 0歳の誕生キンは、2-(105x2)+260=KIN52、13・人

3歳=KIN3
 0歳の誕生キンは、3-(105x3)+260x2=KIN208、13・星

4歳=KIN4
 0歳の誕生キンは、4-(105x4)+260x2=KIN104、13・種

5歳=KIN5
 0歳の誕生キンは、5-(105x5)+260x3=KIN260、13・太陽

==
6歳以降を延々とやる必要はない。

(うるう日をカウントしない「13の月の暦」では)5年進むとキン番号は5つ進む(5x365=1825=7x260+5)ので、ある年の誕生日に年齢=キン番号になるということは、5年後には年齢もキン番号も5つ進んで再び年齢=キン番号のシンクロになるから。

ということで、1歳でKIN1になる、KIN156黄色い宇宙の戦士の人は
6歳の誕生日にKIN6、11歳の誕生日にKIN11・・ ということになる。
(マヤ式数字表記でドット1の年齢でキン番号とシンクロする。)

CIMG2021
(「ドリームスペル」旅程盤の5つの城)

結局のところ、誕生日に年齢=キン番号のシンクロが起きるのは
KIN52:13・人(ドット2の年齢にシンクロ)
KIN104:13・種(ドット4の年齢にシンクロ)
KIN156:13・戦士(ドット1の年齢にシンクロ)
KIN208:13・星(ドット3の年齢にシンクロ)
KIN260:13・太陽(バーの年齢にシンクロ)
の5つを銀河の署名にもつ人だけのスペシャルだ。

52の倍数、宇宙の音の黄色い紋章、5つの城の魔術飛行がもたらすシンクロ。

また一つ「ドリームスペル」に気づかせてもらった。感謝!!




余談だが、年に105キン進むというのは、104+1=城2つ(52x2)+ワン(時間をはずした日)という捉え方をすると年とツォルキンの関係を含めてしっくりくるように思う。
いち年=365日=城7つ(52x7=364)+時間をはずした日 (1)=城5つ(ツォルキンの1スピン260=52x5)+城2つ+時間をはずした日 (1)

すると5年で進むのは城10個分(52x10=104x5=260x2)の2銀河スピンと5キンということになる。

waiar56 at 17:50コメント(0)13の月の暦   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
プロフィール

わいあ~

本棚
ペット
  • ライブドアブログ