2019年12月28日

自分だけの幸せな勘違いでいい


律動のトカゲの月セリ16日、15モル、赤い宇宙の(KIN169)


今日は律動(6)の月の16日、預言の第3年(白い電気の魔法使い(1996-1997)の年)に対応する立方体10の白い犬の愛がキーワード。

舵取りの力の赤い地球のウェイブスペル13のラストを締めくくる宇宙の月の門は、ハートの力の白い犬のウェイブスペル14への魔術飛行の日だ。
6-16kin169
(こよみ屋「13の月の暦 手帳」p.196-197)


歳の瀬でカミさんがあわただしくしている中、御用納めからの休みモードで肩身が狭い思いをしている自分。年末年始のこの時期は世間の意識を感じ、認めながらも、それってヒトの意識が創り出したフィクションだろうなと思う。

上の「13の月の暦」の読み解きも同様にフィクションだとも思う。
暦を知らない人にはチンプンカンプンの情報だろうし、暦ユーザーだとしても全員が同様な一日を送るはずはない。

だから「今日は浄化の愛を実感し、ハートの力へ飛躍する日」などと人に伝えたくはない。


誰かのご宣託や世間の常識を鵜呑みにするのではなく、自分の意識や感覚をこそ信じたい。

願えば現実化するは絶対的なものではないけれど、自分の意識がフィクションを現実としていることに責任を持ちたい。

「今日は白い犬の愛を実感する浄化の、そして舵取りの力を踏まえてハートの力へ向かって飛躍する日」と受け止め、自覚的に引き受ければ、自分自身にとって大きな力になり、意識を向ければこそのシンクロも楽しめる。


自分だけで幸せな勘違いをしていればOKなのだと思う。



waiar56 at 22:20コメント(0)精神世界 | 13の月の暦  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
プロフィール

わいあ~

本棚
ペット
  • ライブドアブログ