2019年11月15日

類似なひと月


倍音のクジャクの月ダリ1日、12シュル、白い太陽の世界の橋渡し(KIN126)

今日から倍音(5)の月、行為の基礎を確立する4か月が過ぎ、行為のリズムを拡張する4か月へと流れを転換させる倍音の塔(自身への司令塔)の月になる。

新しい月へとカレンダーをめくって、今月の初日(白い世界の橋渡し)と最終日(赤い空歩く者)が類似の関係だと気づく。
倍音類似月
(こよみ屋さんのタテ型カレンダーから)

こうした関係はよくあることなのかなと、今年の他の月をチェックしてみると、倍音パルサーで今月と同じ紋章の並びになる惑星の月は当然に同じ関係になるが、その他の月には見当たらない。

月の初日の紋章はその年の色と同じで、ひと月進むとコード+8の紋章がくる。今年(白い魔法使いの年)なら、魔→風→犬→鏡→世→ の進行で白い紋章すべてが周回する。なので4年ですべての紋章が月初にくる。
その月末はコード+7(28日-1日=27=20+7)の紋章なので、関係する紋章は次の4パターンに限られる。

類似の関係(紋章コードの合計19)になる
・白い世界の橋渡し(6)⇒赤い空歩く者(13=6+7) :白い魔法使いの年の倍音&惑星の月
・黄色い戦士(16)⇒青い夜(3=16+7-20) :黄色い種の年の倍音&惑星の月

神秘の関係(紋章コードの合計21)になる
・青い手(7)⇒白い魔法使い(14=7+7) :青い嵐の年の月&共振&水晶の月
・赤い地球(17)⇒黄色い種(4=17+7-20) :赤い月の年の月&共振&水晶の月

反対の関係はコード+10、ガイドは同じ色ということで、月初&末では該当することがない。


月末と月初の紋章の色だけの関係では、上記の色の年のすべての月で同じ関係になるので、
赤い月の年~神秘
白い魔法使いの年~類似
青い嵐の年~神秘
黄色い種の年~類似
ということで、今年全体が類似の年で特に倍音の月と惑星の月はスペシャルな類似の月と見る(遊ぶ)こともできる。


と書いてあるのを読んで「今月は類似の月だからサポートを受けやすい。」と自分で信じるのならOKかもしれないが、「今月はサポートが受けやすい月なんだって!」と占い的に受け止める(権威を鵜呑みにする)のはNGだと強調しておきたい。

例えば、今年が類似の年だという上の見方だって、白い磁気の魔法使いの年=白いウェイブスペル13年間の白い紋章の年、白&白という統一場(あるいはガイド)の年と見るのもありだ。他の関係性を含めて重層的に見るのもOKだし、そんな情報は一切知らなくてもOKだ。また、月初月末の紋章の関係なんて影響力ゼロという見方もOKだ。

自分なりの自由な見方、遊び方を楽しむ、自分で感じた(信じた)リズムに乗るのが「13の月の暦」の醍醐味なのだ。



waiar56 at 15:55コメント(0)13の月の暦   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
プロフィール

わいあ~

本棚
ペット
  • ライブドアブログ