2007年02月06日

マヤ暦と13の月の暦の違い

赤い磁気の月の年 共振のサルの月シリオ28日、15ヤシュ、1・種(KIN144)、
144 =12x12 =16x9 =4x4x3x3(法則の立方体) 、預言の第一年=テレクトノンの啓示のキン
12.19.14.0.15、8パシュ、4メン(キン95)

ヘッダを見ていただければ分かるとおり、このところ「13の月の暦」と「マヤ暦」の両方をチェックしている。
マヤ暦をチェックするようになったきっかけは高橋徹著『マヤンカレンダー2012』(ヴォイス刊)だ。

「マヤ暦」としばしば混同される「13の月の暦」だが、改めて両方をチェックしてみることで、違いが(もちろん共通する部分も)見えてきて、それぞれを使う意味合いについても思うところができている。

■違うところ
・カウント(キンやハアブ暦の日付の違い)
・28日周期の暦(13)とロングカウント(マヤ)
・G2/29(閏日)の扱い(年始の位置づけの違い、閏日の調整方法の違い)

■同じ・似ているところ(→13の月の暦がマヤ暦を引き継いでいる点)
・ハアブ暦(カウントは異なる)
・13の数字と20のグリフによるツォルキン暦(カウントは異なる、ズレていく)
・13バクトゥンの期間(ただし、マヤ暦研究の説により誤差あり)
・4に対応する色(/黒()/

■マヤ暦に特徴的なもの
・ロングカウント
・ロングカウントの最後(キン)の桁はグリフの番号に一致
・13バクトゥンのカウント(2012年へのカウントダウン)

■13の月の暦に特徴的なもの
・キン番号
・銀河の署名という意味づけ
・紋章の色
・紋章同士の関係(オラクル:運命、類似、反対、神秘、ガイドキン)
・色同士の関係(類似、反対、神秘、統一場)
・ホロン(人、惑星、太陽系)
・紋章の2つの流れ(銀河のカルマ的、太陽の預言的)
・次元パルサーと倍音パルサー
・銀河の音と太陽の紋章のキーワード(キンの書)
・銀河の音の名前とウェイブスペル、城、銀河スペクトル
・28日周期の暦
・トーテム動物と月の問い
・時間をはずした日
・銀河ツール


両方をチェックしてみながら思うこととしては、どちらを使うのが正しいとか、間違っているということはなく、伝統的/銀河的というように観点(あるいはシステム)が違うことを前提に、併用しても全く差し支えないと感じられることだ。同様のことは、旧暦にも、グレゴリオ暦、その他のカレンダーにも言えるわけで、必要なのは、それぞれの性質の問題点/優れている点を意識して、必要に応じて使い分ければよいのではないかと思っている。


グッド&/orニュー
・昨日、散髪してさっぱりした。
・今朝から起床時の血圧記録を始めた。(主治医への報告用)
・コリ症を発揮して、エクセルで記録の表とグラフができるようにした。
・病院で測る血圧はいつも高いが、自宅ではそれほどでもない結果を期待。
・ついでに宝地図にしようかなどと思う。
・そうだ!ダイエットも含めて健康面で地図を作ってみよう。



メモ+6.6



at 20:38コメント(0)トラックバック(0)13の月の暦  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
livedoor プロフィール
本棚
ペット
  • ライブドアブログ