2016年11月06日


自己存在の月リミ20日、3シュル、白い惑星の(KIN62)

シンクロノトロン。BMU(ベースマトリックス単位)とかいう数字を色々出して、それらの箇所を線で結んで、脳にイメージする、何だか難しそうで、とっつきにくそうなやつ。
わいあーの心の声だが、共感いただける方もそれなりにいるのでは。

で、今回は逆方向からのお手軽アプローチを考えてみた。
そう、「脳にイメージする」ところからのシンプル版。

シンクロノトロンのワークでは、6個から24個、さらに拡張すると29個のBMUを考慮するが、まずは分かりやすいヘプタッド・ゲートだけを意識してみようというもの。

続きを読む

waiar56 at 10:09コメント(0)トラックバック(0)シンクロノトロン(441)13の月の暦 

2016年10月30日

今日は広島原爆投下(1945.8.6)から100スピンのKIN55ということで、二つの日のシンクロノトロンに平和を念じたい。

まずは26000日前の広島原爆投下の日
 0112kin55

そして今日
0413kin55
 

waiar56 at 14:36コメント(0)トラックバック(0)13の月の暦シンクロノトロン(441) 

2016年10月23日


自己存在の月リミ6日、9ツェク、黄色い太陽の(KIN48)

 昨日は「銀河ツールワークショップ《最新版》」に参加させていただき、渡辺妃出子さんと倉元孝三さんのコラボによる進行で、他の参加者の皆様と一緒に濃い時間を過ごした。

オーラソーマと(13の月の暦というか)シンクロノメターとの関わりは、以前から情報をもらっていたようにも思うが、周期を閉じるタイミングとそれ以降の銀河バイブレーションと共振するツールとして認識を新たにした。

妃出子さんから聞いた生命の樹のオープニングセレモニーの様子は、時間の法則財団のサイトで関連記事が写真付きでレポートされていることも分かり、具体的にイメージを深めることができた。
HUNAB KU AND THE DAY OUT OF TIME AT DEV AURA, ENGLAND
https://lawoftime.org/news/hunab-ku-and-the-day-out-of-time-at-dev-aura-england/

ワークショップの中で一番印象的だったのは、フナブ・ク21の生命と知識の木の21個のポジションに関連付けられるギャラクティック・アーキタイプだ。
簡単に言ってしまうと太陽の紋章を読み替えたもので、魔法使いだけはそのままの呼び方だが、それ以外は紋章の特徴・キャラクターが名前になっている感じのもの。

黄色い戦士の場合、Pathfinder(探検者、開拓者、道を拓く者)ということで、未知の荒野へと勇気一番、踏み出してゆく、そんなキャラクターを改めて引き受けることができた。

このギャラクティック・アーキタイプは、日々の紋章を味わう・演じるものでもありそう。
時間の法則財団のサイトにあるシンクロノトロン(Online Daily 441 Synchronotron Read-out)のバナーのリンク先
では、「MEET THE GALACTIC ARCHETYPES」として日々出会えるので、そのキャラクターのヴィジュアルと英語版だが性質・特徴を確認してみてはいかがだろう。
 

続きを読む

waiar56 at 16:56コメント(0)トラックバック(0)13の月の暦 

2016年08月21日


今回は、まず下のベース・マトリックス

■前回までに説明した実線の四角囲みの値(すべてBMU)24個を下のベース・マトリックスにプロットする。
(291,322,358,25,295,50,315,312,108,402,414,78,69、個人的にだが、ここまでの13個を基本値として青色のマーカーでマーク。114,138,54,387,441,151,238,190,189,62,70、これも個人的に以上の11個を拡張値として緑色のマーカーでマーク。)
(BMUの値が重複した場合は、後の方の四角囲みに赤丸をつける。重複の数だけマーカーでのマーク数は減る。)

■マーク箇所どうしが、水平、垂直、斜め45度の関係になる箇所を赤線で結ぶ。

■右下の「23/24」は マーク箇所数24のうち赤線で結ばれた箇所数23であることを示す。(個人的に、マーク箇所すべてが赤線で結ばれたら、Bingo!。24/24なら花丸Bingo!!)


右上の頭図は

■ベース・マトリックスの中心列V11の丸付きマスが対応する7つのヘプタッド・ゲートのプラズマを資料8.7つのヘプタッドゲートで確認する。
V11,H20の144(ガンマ:眉間)以外の6つのプラズマがヒットしている。
対応するプラズマの位置にマークを描く。(こよみ屋さんの手帳P.204のフナブ・ク21の左下でも確認できる。)
右に書いた「Hram」は 資料1.ヘプタッドゲートで、週の第2日(セリ)に対応するマントラ。

右の身体図も

■ベース・マトリックスの中心列V11の丸付きマスが対応する7つのヘプタッド・ゲートのプラズマを資料8.7つのヘプタッドゲートで確認する。
V11,H20の144(ガンマ:眉間)以外の6つのプラズマがヒットしている。
対応するプラズマの位置にマークを描く。その位置は 資料1.ヘプタッドゲートのマントラの下にある。(こよみ屋さんの手帳P.200の7:7::7:7でも確認できる。)
 

■ドレミファは BMUの音。上のベース・マトリックスのプロットで、基本値としたBMU13個から基礎運命パターンの5個を除いた8つのBMUに対応する音。
BMU÷8の余りで、0と1=ド、2=レ、3=ミ、4=ファ、5=ソ、6=ラ、7=シ
1.ヘプタッドゲートBMU:291÷8=36+3→ ミ
2.タイムBMU:322÷8=40+2→ レ
3.スペースBMU:358÷8=44+6→ ラ
4.シンクロニックBMU:25÷8=3+1→ ド
5.MCFBMU:50÷8=6+2→ レ
6.累積ヘプタッドBMU:295÷8=36+7→ シ
7.フナブ・ク21TFIBMU:78÷8=9+6→ ラ
8.累積フナブ・ク21TFIBMU:69÷8=8+5→ ソ
それぞれの四角囲みの横に対応する音をメモし、一番下の左側に続けて書いた。「ミレラドレシラソ」
<441 MATRIX AND MUSICAL NOTES>

■赤字のメモは 上記の主要BMUのうち1.~6.のベース・マトリックスでの位置(V,H)をホロマインド・パシーバー・マトリックスで読み取ったもの。
1.ヘプタッドゲートBMU:291(V11,H5)→ 88
2.タイムBMU:322(V16,H15)→ +7
3.スペースBMU:358(V13,H16)→ +9
4.シンクロニックBMU:25(V17,H1)→ +3
5.MCFBMU:50(V1.H10)→ -1
6.累積ヘプタッドBMU:295(V7,H5)→ -8
<Holomind Perceiverの図では全BMUをプロット>

※ベース・マトリックスとホロマインド・パシーバー・マトリックスは、脳に対応しており、中央のV11が脳梁、下(H21側)が前、上(H1側)が後ろ、左(V1側)が右脳、右(V21側)が左脳になるので、裏返しにして頭に乗せて対応をイメージしてもよい。

※BMUの数値を読み解く。
<Reading Synchronotron>

※ホロマインド・パシーバー・マトリックスは、次元や精神圏、ウルの7つのアーキタイプ(聖賢)、プラズマを構成する4つのハイパー・パートン(部分子)などにも対応するので、対応を読み解く。




waiar56 at 07:21コメント(0)トラックバック(0)13の月の暦シンクロノトロン(441) 

第6回は、下の方のこの部分
0123kin241007

■Tonal Valueの「189」は 資料9.フナブ・ク21 Galactic Tree of Life & Knowledgeで、当日の銀河の通路の(7・竜)の銀河の音(7)がある右上のタイムレンズ3(3次元の感覚パルサー)の値216×音7=1512のBMU。
1512÷441-3×441≒189
左に216×7を、上にその答えの1512をメモしている。
4隅にあるタイム・レンズに対応する次元パルサーごとの値に銀河の音の数字を掛けた値のBMU。
<TONAL VALUE、TONAL VALUE BMU>
 

■Fifth Force Olacleの「62」は 当日の銀河の通路(7・竜)の運命キンと各パートナーのキン番号の合計のBMU。
運命キン(7・竜=Kin241)+類似のパートナー(7・鏡=Kin98)+反対のパートナー(7・猿=Kin111)+神秘のパートナー(7・太陽=Kin20)+ガイドのパートナー(7・空歩く者=Kin33)=503、503÷441-1×441≒62
ちなみに各パートナーの紋章は、基礎運命パターンのとおりで、神秘のパートナーの銀河の音は運命キンの音と足して14、それ以外のパートナーの銀河の音は運命キンと同じだ。(事例のケースは、運命キンが共振(7)の音のため、すべてのパートナーの音も7になっている。)
<FIFTH FORCE KIN TFI、FIFTH FORCE KIN BMU>

■Fifth Force Sealの「70」は 当日の基礎運命パターンの5つの紋章番号とプラズマのヘプタッド・ゲートに対応する紋章番号の合計のBMU。
運命(竜)1+類似(鏡)18+反対(猿)11+神秘(太陽)20+ガイド(空歩く者)13+ゲート(291=手)7=70
<FIFTH FORCE SEAL TFI、(本来はその下のFIFTH FORCE(SEALの誤り?) KIN BMU)>





waiar56 at 07:09コメント(0)トラックバック(0)13の月の暦シンクロノトロン(441) 

第5回は、右側のこの部分
(頭部と身体のチャクラに対応するプラズマ、マントラの説明は後で)
0123kin241006

■13:7の下の「54」「387」「441」は 資料4.13:7で、当日の銀河の音(7)とプラズマ(セリ)が交差したマスの3つの値。ということで、7・セリを13:7の右に描いた。
ちなみに13:7の資料の 銀河の音の下の数字は、1÷13の小数点以下6桁(1/13=(0.)076 923の累積、13/13=(0.)076 923×13=(0.)999 999)、プラズマのマークの上の数字は、1÷7の小数点以下6桁(1/7=(0.)142 857の累積、7/7=(0.)142 857×7=(0.)999 999)で、交差したマスの値は、上から差、和、計のBMU。
音7とセリの例では、
(差のBMU)538461-285714=252747、252747÷441-573×441≒54、
(和のBMU)538461+285714=824175、824175÷441-1868×441≒387、
(計のBMU)差のBMUと和のBMUの合計、54+387=441。
<13:7 Synchronotron Wheel Daily Practice: Interval frequency BMU、Sum frequency BMU、Composite frequency BMU>

■Perpetual 28-Dayの下の「151」は 資料5.パペチュアル28日で、対応する日付((磁気の月)セリ23日)のマスの下に紫色で表記されている数値。
151は、23日がベース・マトリックスV18,H20に対応することから導かれている。
<GALACTIC I CHING PERPETUAL 28-DAY CREATION CYCLE BMU>
 
■Harmonic Runeの下の「87」と「238」は 資料6.ハーモニック・ルーンで、対応する月の日付(磁気の月23日)のマスにある色つきの数字「87」と黒数字の「238」(V11,H4)。ルーンのマークを右に描いた。
48のハーモニック・ウル・ルーン(ハーモニック・ルーンの資料にある3列8行×上下)が18ウィナル(360日)に対応付けられたもの。色つきの数字はホロマインド・パシーバー・マトリックスの、黒数字はベース・マトリックスの、それぞれV10-13、H1-8&H14-20に対応している。
<UMB RUNES URA>

■MOAPの右の「190」は 資料7.マザー・オブ・オール・プログラムス(MOAP)で、当日の銀河の通路(7・竜)があるマスV3,H8に対応するベース・マトリックスの値。右にメモしたのは対応行列のV3,H8。
MOAPでの銀河の通路(ツォルキン)の位置は、スペース・マトリックスのV2-9,V13-20、H2-9,H13-20(64*4=256キン)と中心の441を取り囲む斜めの4つの位置V10,H10(kin257)、V12,H10(kin258)、V10,H12(kin259)、V12,H12(kin260)、(4キン)、元々はベンジャミン・フランクリンの8×8の魔法陣である「時間の法則の20の銘板」の地図42にあるサイバンク・コードの順の1-64を4つ重ねた構造になっている。
<MOAP BMU>




waiar56 at 07:06コメント(0)トラックバック(0)13の月の暦シンクロノトロン(441) 

第4回は、中央下の この部分
0123kin241005

■Heptad Path「114」は 資料3.フナブ・ク21の図を使って、当日のオラクル(竜、鏡、猿、太陽、空歩く者)とヘプタッド(291=手)の紋章の位置に駒を置き、隣り合った駒を結んだところにあるパス値と年の第何週の値(Week4)の合計。
3(竜=手)+4(Week)+14(猿=空歩く者)+21(手=鏡)+23(空歩く者=太陽)+49(猿=太陽)=114
<HEPTAD PATH NUMBERS TFI、HEPTAD PATH NUMBERS BMU>

■Week「4」は ヘプタッド4=年の第4週。上記のヘプタッド・パス値の一部になる。(こよみ屋さんの手帳P.72-175右上のWeekで確認できる。)
<冒頭部2行目のTHE *TH HEPTAD>

■次の行「288+291=579」は Week4からフナブ・ク21のパス値4で結ぶ蛇(288)と手(291)のBMUの合計値。その週で一定。
その下の「138」は 579のBMU。これもその週で一定。
579-441=138
<HEPTAD PATH BMU>

■その左の「Kin59」と「7・嵐」は 579のKin値から。(Kin59と7・嵐の対応は、こよみ屋さんの手帳P.14ツォルキンで確認できる。)
<HEPTAD PATH KIN EQ.>




waiar56 at 06:56コメント(0)トラックバック(0)13の月の暦シンクロノトロン(441) 
記事検索
livedoor プロフィール
本棚
ペット
  • ライブドアブログ