2005年01月11日

青い水晶の嵐の年 共振のサルの月セリ2日
KIN168 12・星 水晶の星の円卓の日

一番最近に見た映画というと「ハウルの動く城」だ。宮崎アニメの熱烈なファンということでもないのだが、なぜか「風の谷のナウシカ」以来、多分全作品を劇場で見ている。カミさんも似たようなもので、親が見に行っているとなると息子たちも黙っていないということで、最近では僕と子供たちの分は前売り券で準備されている。

カミさん自身の分はというと、水曜日のレディースデーに行けば前売りよりも安いということで、なかなかしっかりしている。子供は子供で友達と行ったりするので、家族まとまって見るわけではないという事情も手伝っているのだ。
続きを読む

at 17:45コメント(0)トラックバック(0)生活 
青い水晶の嵐の年 共振のサルの月セリ2日
KIN168 12・星 水晶の星の円卓の日

昨日から共振の月に入った。
共振の月は、いち年の13か月の7番目の月。13ステップの真ん中の月であり、銀河の音の折り返し構造の中で唯一ほかにペアを持たない(それ自身がペアになる)月である。
エルダーフサルクの資料をみると、「立方体」の共振の月とあった。

続きを読む

at 17:43コメント(0)トラックバック(0)13の月の暦 

2005年01月09日

青い水晶の嵐の年 律動のトカゲの月シリオ28日
KIN166 10・世界の橋渡し

今日はカミさんの誕生日。
朝イチで「お誕生日おめでとう」を言った。
「余りめでたくもないけど、ありがとう。」とのこと。 続きを読む

at 07:58コメント(0)トラックバック(0)生活 

2005年01月06日

青い水晶の嵐の年 律動のトカゲの月カリ25日
KIN163 7・夜

歩きながら、こんなことを考えていた。
この世界・人生というのは、アセンションのためにあるのだろうか?

続きを読む

at 19:13コメント(0)トラックバック(0)精神世界 

2005年01月05日

青い水晶の嵐の年 律動のトカゲの月ガンマ24日
KIN162 6・風

今日は、律動の月の律動の風の日、月と日の音が重なる魔術の亀の日だ。
律動の音の力、同等 組織する、 つり合わせる がダブル・トッピングされた日ということで、律動(Rhythmic)の力・意味が強調される日だ。

個人的な「律動の音」の解釈は、「倍音」で権威化した自らの輝きが他者である誰の中にも同じようにあることに気づき、であればこそ、他者の存在を認め・尊重すればこその自分らしいリズムを刻んでいくタイミングということである。

今日の紋章の「白い風」は、惑星のホロンではちょうどスマトラあたりに対応している。白い風のキーワードは、霊 伝える、 呼吸 だ。

このたびの地震による未曾有の大津波被害によってもたらされた人々の悲しみ、苦しみ、失意、絶望、、、そうした試練の波動を、この星のスピリットの息吹、慈愛の光でやさしく包み込み、調和と安らぎのイメージがリズムとなって届けられるよう瞑想してみる。



at 20:47コメント(0)トラックバック(0)13の月の暦 
青い水晶の嵐の年 律動のトカゲの月ガンマ24日
KIN162 6・風

「春はあけぼの。やうやうしろくなりゆく山ぎは・・・」
いわずとしれた清少納言は枕草子の一節だ。

季節のネタ?といえなくもないが、時候がらみではない。
実は中3の子の冬休みの宿題として、この段を暗記してくるようにという課題がでているのだ。
昨年まで(中1、2年)は、校内行事のかるた取りに備えて、百人一首を十首ずつ憶えてくるというものだった。
続きを読む

at 19:04コメント(0)トラックバック(0)子育て 

2005年01月04日

青い水晶の嵐の年 律動のトカゲの月セリ23日
KIN161 5・竜

寝正月の3が日がアッという間に過ぎ、今日から仕事始めだ。
朝、布団から起きだすときに、「さぁ、今年一年も精一杯やろう!」と腹から思った。

ごく個人的な実感としては、今日から始まる仕事で新年を迎えたような気がする。職場での新年の賀詞交換なども、そう感じさせる理由ではあるが、何よりも仕事を通じて世間と共有する時間が感じられるからだ。僕にとってのグレゴリオ暦での時間は、いわば社会的な時間なのだ。

そういう意味で、仕事始めの今日がもう一つの年始なのだ。
僕自身、社会性を否定するつもりは全くないので、社会的な時間も大切にしたいと思っている。時間を大切にするということ、即ち生活を大切にするということだ。

続きを読む

at 23:42コメント(0)トラックバック(0)13の月の暦 
記事検索
livedoor プロフィール
本棚
ペット
  • ライブドアブログ