2018年05月16日


スペクトルの月ダリ15日、14モアン、白い共振の(KIN98)

このところマヤ暦占いやマヤ鑑定といった名前を使い、その実態は伝統的なマヤ暦ではなく13の月の暦の情報に基づき、しかしアグエイアス夫妻の著作物であることを隠してマヤ暦を詐称している問題についてコメントを求められる機会が続いている。

単なる13の月の暦ユーザーである自分としては、13の月の暦の著作権管理の現状も把握していないし、いわゆるエセマヤ暦の方々の実態も関わりを持っていないので、知らないことについてコメントする立場にも、内容も持ち合わせていない。

あくまで個人的認識だが、暦鑑定士といった資格ビジネスは、ホゼ博士の著作権を管理している(と認識している)柳瀬さんも認定講師というかたちで展開されていたと思う。
また、暦という性質には占い的要素は排除できないものだとも思う。(現に「ドリームスペル」のドリームスペルお告げガイド:お告げパターンを配列し、読むのところにある「人生の運命リーディング」「毎日のリーディング」「チャンス・リーディング」などは、オラクルやキンの関係性を読む”自分”占いだろう。)

一方で、ホゼ博士は「13の月の暦は占いではない」というメッセージを残しているとも認識しているが、そこで言わんとしていることは「権威を鵜呑みにすることなかれ」だと感じている。つまり、暦の知識に通じているエキスバートの見立てが絶対的な答えとして存在していると信じてはいけない、時間の教え・学びは今というタイミングで各自に個別に起こる(=常に絶対的な外部情報などありない)ものなので、そうした環境情報の中で自分自身がどう生きていくのかが問われるということだと想っている。

資格ビジネスは、ビジネス、市場の拡大、情報の普及という面で否定するところではない。
占いに関しては、人間の弱さに対する需要と供給のように思う。
これらの点に関しては個人的に否定する立場にはない。

一方でアグエイアス博士(夫妻)の著作物の情報を利用しながら、それを隠し、さらに別のソースであるマヤ暦を詐称する行為に関してはアウトと言っておきたい。

(著作者が占いではないと主張していることで)13の月の暦(ドリームスペル)関連のソースを占い的に利用できない環境があるならば(個人的にはあるかどうか知らない)、それは課題かもしれないと思う。

例えてみれば、天体観測をしている天文学者が星占いを否定しても、星読みの占いに対する需要と供給は否定し得ない。
「13の月の暦は占いではない」という意味合いは先に書いたとおり、一方的に与えられる絶対的な情報として受け取るのはドリームスペラーとしての態度ではないということだと思う。絶対的な情報として提供するのももちろんドリームスペラーの態度ではないが、読み解き・リーディングをシェア・提供し、受け手が参考にすることはアリだと思う。
ならば、13の月の暦(ドリームスペル)の情報を踏まえた占いもあってOKで、そうした利用をする場合には著作権を明確にし、使用対価を負担すべきものだと(もちろん個人的認識として)思う。

エセマヤ暦の問題は、マヤ暦ではない13の月の暦の情報(著作物)であることを隠していること、伝統的マヤ暦ではないものをマヤ暦と詐称していることの2点かと思う。
個人的には13の月の暦を(銀河のとか、新しいとかを冠するにせよ)マヤ暦と呼ぶことは、伝統的マヤ暦を大切にしている方々に対してとても失礼なことだと思っている。

続きを読む

waiar56 at 23:55コメント(0)13の月の暦  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年05月03日


スペクトルの月セリ2日、1モアン、赤い共振の(KIN85)

11番目のスペクトルの月が始まった。

銀河の音の進行で、銀河(8)→太陽(9)→惑星(10)は、銀河系から太陽系の中の惑星地球へと、広大な宇宙空間をマクロからミクロに旅しているように感じられる。

その後も惑星地球からスペクトルの光の要素となって地球の中心にある鉄鋼水晶に入り込んでいくのだが、改めてフナブ・ク21(こよみ屋さんの手帳P.204-205)を見ると、スペクトルの月に対応する第41週~第44週の41-44の4つだけが虹になっていることが分かる。
hunabku21-board-thumb


スペクトル=分光=虹だと分かると、惑星地球からその中心の鉄鋼水晶に入り込むのは地面にダイブするイメージではなく、上空、バンアレン帯の磁気層にある地球を取り巻く虹の橋から両極を経由して地球の中心へと向かうイメージになる。

rainbowbridgemeditation-simple
(画像は、時間の法則財団のページから拝借)

バンアレン帯の虹の橋は、サイニンボイド膜、あるいはサイバンクに当たるものであり、手帳P202-203のエルダーフサルクを通じて意識化しているほか、手帳P.17のサイ時間単位(この場合は、地球は8枚のツォルキングリッドで覆われている。サイニンボイド膜の4枚の北半球・南軟球がツォルキングリッドに対応するので8枚になる。)でもつながっているといえる。
スペクトルの月1~3日に対応するサイ時間単位は、4・星(KIN108)、GM108X(Galactic Mayan 108X : アルクトゥルスから太陽系へと送信される銀河マヤのハイヤーマインド(STAR TRAVELER'S almanacの用語集から私訳))だし、KIN108、113、148、153のスペクトルの月の地上歩行&天上歩行の期間に対応するサイ時間単位はツォルキングリッドの中心の水晶核への橋渡しをしているようにも見えてくる。




waiar56 at 11:10コメント(0)13の月の暦  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年04月30日


惑星の月リミ27日、18カンキン、白い自己存在の(KIN82)

『テレクトノン』の毎月27日のカードには「ボロン・ティク」「9という[無意識]の力の召喚」とある。
27日のカード

マニュアルの用語解説によれば:
【ボロン・ティク】Bolon Tiku:9の力を召喚する祈り。無意識における時間の力を支配する時間と運命の9人の主たち。
とある。

毎月24~27日の四日間は「天上歩行」と呼ばれる期間であり、日のカード(失われた惑星をあがなうテレパシーの書)には次の情報がある。
24日:天上歩行1日目、超意識、24(6×4)=<宇宙の形>
25日:天上歩行2日目、継続意識、第5の力
26日:天上歩行3日目、意識、オシュラフン・ティク、13という[意識]の力の召喚
27日:天上歩行4日目、無意識、ボロン・ティク、9という[無意識]の力の召喚

宇宙間に伝わる4つの数字の力は、日の数字から導かれているものと思われる。
24=6×4 (4という形の力)
25=5×5 (第5の力)
26=2×13(13人の天界の主の力)
27=3×9 (9人の冥界の主の力)
(以上の4つを書くと、どうしても次の28=4×7が浮かぶ。7も鍵となる数字の力だが、神秘数だけに隠れているのかもしれない。)

なお、意識の層としては、銀河のカルマ的な流れ(風の霊の塔、28日、1日)が前意識であり、太陽の預言的な流れ(舵取りの塔、自由意志の塔、23日、6日)が潜在意識なので、前意識-無意識-意識-(意志の平面)-継続意識-超意識-潜在意識のようになる。

今日の銀河の通路は、4・風。4ドットの銀河の音は9・風=ボロン・イク(KIN22)と同じオラクル(運命キン:白い風、類似キン:赤い地球、反対キン:黄色い人、神秘キン:青い嵐、ガイドキン:白い鏡)。ボロン・ティク(27日)の白い風の日に、こんな復習を楽しんだ。




waiar56 at 08:16コメント(0)13の月の暦  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年04月22日


惑星の月アルファ19日、10カンキン、白い太陽の魔法使い(KIN74)

銀河の音を流れ・ステップとして捉えると、もう一つの20の太陽の紋章 Solar Sealの性質の違いをおさえたくなる。

もちろん太陽の紋章にも流れはあるが、それ以上に5×4の色彩配列によるホロンの機能としての ”部分(パート)との対応” を強調したい。

まずは手帳P.22の「惑星のホロン」は地球を20に分けたエリアとの対応。緯度・経度で分割されているので、各エリアの面積は地球家族によって異なる。
惑星のホロン

次に手帳P.23の「人のホロン」は手足の指との対応。4つの色彩が4本の腕脚に、そして5つの地球家族が身体の5つのチャクラに対応している。地球と天王星との対応も示されているが、これは中核の地球家族(風、手、人、地球)と惑星軌道との対応であり、『テレクトノン』でピラミッドが置かれる1日(手)と6日(人)が地球軌道、23日(地球)と28日(風)が天王星軌道であることともつながっている。
人のホロン

紋章と惑星軌道との対応は『ドリームスペル』の「銀河-太陽 0-19コード」で示されている。
銀河太陽0-19コード

以上のように、太陽の紋章は、エリアや部分、惑星などのパートに対応している。
さらに、色、時間セル、色彩、氏族、地球家族、惑星軌道、それからオラクル(運命、類似、反対、神秘、ガイドの5つ組)といったグループを構成する。

もちろん、色(創始・洗練・変容・熟成)、地球家族(発生させる・送信する・活性化する・守る・最高潮にさせる)、そして銀河のカルマ的な流れ(黄色い太陽→赤い月)と太陽の預言的な流れ(白い犬→青い嵐)のような流れもあるのだが、13の銀河の音のステップのような20の流れにはなっていないと感じられる。



waiar56 at 13:54コメント(0)13の月の暦  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年04月21日


惑星のイヌの月カリ18日、9カンキン、赤い銀河の空歩く者(KIN73)

今回は13の銀河の音Galactic Toneについて書いてみたい。

いきなり「13」というと、13日の金曜日とか、何となく不吉なイメージかもしれない。
しかし、13の月の暦では一年の月の数であり、365=13*(7*4)+1という構造のカギになる数だ。13の中心(折り返し)は7であり、7の中心は4だ。(1-2-3-4-3-2-1)
なので、13は365日の暦のカギでもあり、当然に260キン(=13の銀河の音×20の太陽の紋章)のツォルキンのカギでもある。

まずは基本情報から。(こよみ屋さんの手帳p.14)
===
磁気の音 Magnetic tone: 目的 Purpose・統一する Unify・引きつける Attract

月の音 Lunar tone: 挑戦 Challenge・分極化する Polarlize・安定させる Stabilize

電気の音 Electric Tone: 奉仕 Service・活性化する Activate・つなぎとめる Bond

自己存在の音 Self-Existing Tone: 形 Form・定義する Define・測る Mesure

倍音の音 Overtone Tone: 輝き Radiance・力を与える(授ける) Empower・命じる Command

律動の音 Rhythmic Tone: 同等 Eqality・組織する Organaize・つり合わせる Balance

共振の音 Resonant Tone: 調律 Attunement・チャネルする Channel・呼び起こす Inspire

銀河の音 Galactic Tone: 無欠性 Integrity・調和させる Harmonize・型どる Model

太陽の音 Solar Tone: 意図 Intention・脈動させる Pulse・実感する Realize

惑星の音 Planetary Tone: 現れ Manifestation・仕上げる Perfect・生み出す Produce

スペクトルの音 Spactral Tone: 解放 Liberation・溶かす Dissolve・解き放つ Release

水晶の音 Crystal Tone: 協力 Cooperation・捧げる Dedicate・普遍化する Universalize

宇宙の音 Cosmic Tone: 存在 Presence・持ちこたえる Endure・越える Transcend
===

以上の基本情報を踏まえての わいあー的銀河の音解説は次のようになる。

1(磁気):主観・ワンネス。何らかの目的に根差した統一的世界だけれど整理されていない混沌。磁気的な何か引きつける力によってまとめ上げられている一つの価値観(だが明確には認識できず、感覚的に味わえる段階)、(目的:四次元)

2(月):客観・極性。ワンネスである自らの価値観に、それと気づく客観視。そうしたことに気づく自分は、それを外から見ている。幽体離脱的視点。二元性(陰陽、正負、正邪、表裏、昼夜、男女、長幼・・・)の構造(だが、それを認識できていない段階)、(挑戦:一次元)

3(電気):関係性。主観と客観を結びつける感覚。主観と客観が同じ主体から生じているという感覚から生じるもの。二元性をつなぐ奉仕(サービス)(だがそれを認識できていない段階)、(奉仕:二次元)

4(自己存在):自己感覚。自分らしさの世界観。サイクル・まとまり(春夏秋冬・東西南北)。どうしようもなく他者とは相容れない自分の価値観という(世界の)パターン(だがそれを認識できていない段階)、(形:三次元)

5(倍音):次の第一歩。外へ(プロトタイプ)の意識のスタート。自分の価値観を外界で試すために命じる、指揮を執る(コマンド)。自分の形を外へ表現したいなという欲求(目的:四次元)

6(律動):動きへのバランス・反省。外へ動けばリアクション(反応)があり、それを踏まえての自分の想いが生じる。しかし、自己正当化でも他者正当化でもなく、それぞれの立場・見解を想ってみる(挑戦:一次元)

7(共振):自他の共感。自分の想いと同様に他者の想いへの気づき。自他の想いの違いを踏まえつつも、響きあえるもの・状況がイメージされる(奉仕:二次元)

8(銀河):この世界の方向性。プロトタイピングの結果としての製品・成果の方向性。これっていいよねという世界の見通し・観念。目に見える外的世界の一番大きなもの(形:三次元)

9(太陽):具体化の方針。自分がやりたいことを、どのように具体的に表現してみるのかを味わう。目に見える外的世界のこの世界のあり方の法則性(目的:四次元)

10(惑星):具現。リアリティあふれる実感。目に見える外的世界であるこの世。自己表現の結末(挑戦:一次元)

11(スペクトル):解放・溶解。完成した具現に対するこだわりを手放し、本質へせまる要素をみつめる。地球(自分自身)のセンターに入り込もうとする動き。バン・アレン帯にある磁気的な被膜(オーロラとして視覚化されるサイ時間単位)を経由することで北極・南極の両極から地球の中心へのつながる流れ。虹の橋(奉仕:二次元)

12(水晶):協力。本質としての普遍化・一般化の動き。アース・コアの鉄鋼水晶。惑星地球の(ガイア)意識との同一化。このウェイブスペル(波動魔法期)の形の成就。円卓会議での共有(形:三次元)

13(宇宙):自=他の転換。世界(宇宙)の中心=私=いまここ⇒誰もが世界(宇宙)の中心。次のサイクルへの跳躍(魔術飛行)のための総括(目的:四次元)
===
冒険のウェイブスペル

以上のように銀河の音は、13ステップの動き・流れといえる。
銀河の音の流れは、まずは4×3+1のウェイブスペルの構造で理解したいと思うし、それが次元パルサーの見方につながるとも思う感覚が共有できたらウレシイ。

次元パルサーについては、ウェイブスペルの冒険の記事で取り上げた通り、次元という4単位の構造だからこその倍音の響きあいだと感じている。なおかつ、そこの次元に気づく(意識できる)のは次の(一つ上の)次元の視点があればこそ。

また、銀河の音を表記するマヤ式の数字の部品の数による次元パルサーや点の数による倍音パルサーの関係も含めて数(ナンバー)の力・性質を感じる。

銀河の音の13ステップは、時流に乗るための構造であり、自分自身の想い・行為・世界を客観視し、自身の成長とともに広げていく可能性と感じる。





waiar56 at 19:47コメント(0)13の月の暦  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年04月07日


惑星の月カリ4日、15マク、青い共振の(KIN59)

思い立って「水晶の日の円卓」の暦コラムのページ時間の法則財団への募金のお願いを追加し、財団のドネーション(募金)用のページへのリンクを入れた。

13の月の暦の情報は、ホゼ&ロイディーン・アグエイアスによって創られ、そして時間の法則財団がコピーライトを管理している(と個人的に認識している)。
13の月の暦のユーザーであること、財団のサイトを利用すること自体での会費負担はない。時間の法則財団は非営利団体(NPO)だが、書籍やカレンダーの購入を別にすれば、せいぜいカンパをよろしくとある程度だ。

個人的には公務員として副業が禁じられている立場でもあり、暦関係の活動では営利活動を行っていないが、誰かの役に立つ=価値のある情報発信を行っていきたいという自分自身への期待も込めて、もし投げ銭をしたいということであれば、ぜひ時間の法則財団へのドネーション(カンパ)としていただけたらと思う。
(クレジットカード利用で、カンパは米ドル建になるが、金額は自由に設定できる。
CVCはカード認証(セキュリティ)コードのこと)



waiar56 at 18:13コメント(0)13の月の暦  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年03月24日


太陽の月カリ18日、1マク、赤い律動の(KIN45)

Fbの公開グループ「13の月の暦」水晶の円卓にウェイブスペルの音13の感じ方についての質問があった。

絶対的な正解があるわけではなく、提示されている情報の解釈は各人に委ねられ、また時により感じ方も変わりうるものと思っているので、質問に対する回答ではなく、それに触発された現在の自分なりの関心のままに情報を整理し、気づきをメモしておく。


取り上げるのは「冒険のウェイブスペル」
日本語版ドリームスペルのテキスト第3部お告げインデックスの中(P.87-89)に出てくる。
こよみ屋さんの手帳ではp.12にWAVESPELLとして図示されている。

ws1


続きを読む

waiar56 at 13:05コメント(0)13の月の暦  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
記事検索
プロフィール

わいあ~

本棚
ペット
  • ライブドアブログ