2018年02月18日


銀河の月アルファ12日、7サク、青いスペクトルの(KIN11)

今日はマイ・バースデー。皆様からのお祝いをいただき、ご縁に感謝する。誕生をいただいた両親・ご先祖のご恩、家族の支え合いにも改めて想いを馳せる。

といいつつ特別な一日ということもなく、コーヒーを淹れて楽しんだり、オリンピックのテレビ観戦をしたり、プールで泳いだり、快晴の陽光を浴びたり、白梅の花を愛でたり、そんな日常そのものの奇跡の有り難さを感じていた。

今日からの59歳の一年は青いスペクトルの猿の歳回り、13の月の暦の提唱者であるホゼの銀河の署名の一年を歩むことが意識される。
幻想を溶かし、魔術を解き放ち、解放を遊ぶタイミングと意識してみる。

ドリームスペルでの運命の道筋では既に還暦の52歳を過ぎ、7歳と同じ道筋の2周目になるが、1周目では無意識に過ごしたことにも意識的であればと感じている。
と同時に、社会的な60歳の還暦、仕事の定年退職を来年に控えて、リアルライフでもセカンド・ライフに向けての検討、下準備、爪とぎなど、変革と充実の一年にしたい。



waiar56 at 18:46コメント(0)13の月の暦生活 

2018年02月17日



銀河の月カリ11日、6サク、白い惑星の(KIN10)、白い銀河スペクトルを拡張する極性キン

フェイスブックの公開グループ ”「13の月の暦」水晶の円卓” に次の投稿をした。(共振の月26日(G2/4):7の月の第4週=第28週)

年の28週、(13か月)28日の暦との数字のシンクロを感じていたら、今週のフナブ・ク21が黄色い太陽と赤い地球の結びつきだということに気づく。
参照:こよみ屋さんの今年の手帳P.127(今週)の一番上、 P.205(フナブ・ク21)の太陽-28-地球
太陽を1年かけて周回する地球を28日周期の暦で目盛ること、その背中を押された気がしている。

一年の中心である共振(7)の月のヘプタッド・パス(週の値)25~28(=第25週~第28週)は、フナブ・ク21の中心の緑のコートを囲む、時間セル5の母体(マトリックス)の調波の4つの紋章同士が形成する
25:赤い地球-白い鏡
26:白い鏡-青い嵐
27:青い嵐-黄色い太陽
28:黄色い太陽-赤い地球

フナブ・ク21(=7×3)、28日(=7日×4週)の暦、第28週(=4週×7月)の太陽と地球の結びつき、13の中心であり調律の7の働きに注目してきたように思う。

・・・そして今月、銀河の月のペプタッド・パス29~32は、中心のフナブ・クと上記の4つの紋章が結びついていることに気づく。
29:フナブ・ク-赤い地球
30:フナブ・ク-白い鏡
31:フナブ・ク-青い嵐
32:フナブ・ク-黄色い太陽
CIMG1095

フナブ・クがつくるヘプタッド・パスは銀河の月の上の4つだけ。フナブ・ク21の中心に関わるヘプタッド・パスがきっちりと銀河の月に対応しており、銀河(8)の音の無欠性が思い浮かぶ。
20(太陽の紋章の全体性)+1(中心)のフナブ・クだが、
7+1、ドレミファソラシ+ドのオクターブとも響き合っているといえそうだ。

いち年の52週に対応するヘプタッド・パス、第21週の6の月以降の対応の美しさ、スペクトルの月には虹のパスを渡ることなど、まだまだ気づきも多そうなので、ぜひ自分で味わってみてほしい。



waiar56 at 12:16コメント(0)13の月の暦シンクロノトロン(441) 

2018年02月04日


共振の月アルファ26日、13ヤシュ、赤い惑星の地球(KIN257)

父の七回忌の法事で田舎にとんぼ返りするなどバタバタしていたので報告が遅くなってしまったが、先々週の暦会は5名で濃い時間を楽しませていただいた。参加いただいたお一人ひとりに感謝したい。
ドリームスペル、テレクトノン、7:7::7:7、シンクロノトロンを肴に、銀河の羅針盤を回してみたり、テレクトノンボードの3つの平面や時を贖う意識を語り合ったり、7:7::7:7とテレクトノンの28日周期の紋章の進行のお話をしたり。。
シンクロノトロンでは、フナブ・ク21の遊び方をおさらいさせてもらった。

以前、実践方法その4に次のように書いているものだ。
フナブ・ク21の図を使って、当日のオラクルとヘプタッドの紋章の位置に駒を置き、隣り合った駒を結んだところにあるパス値と年の第何週の値の合計

シンクロノトロンでは合計値から対応するBMUを求めてベース・マトリックスにプロットし、さらにホロマインド・パーシーバーでの対応を読んでいくBMU値の一つでしかないように感じられるかもしれないが、実はフナブ・ク21だけでも十分に遊べるので、当日はその点を伝えたつもり。ただし、駆け足だったこともあり、再確認できるようにここでも復習&シェアしておく。

続きを読む

waiar56 at 16:30コメント(0)13の月の暦シンクロノトロン(441) 

2018年01月01日


平成30年(西暦2018年、戊戌(つちのえいぬ)の歳)1月1日(月)
旧暦 丁酉(ひのととり)の歳 霜月15日(十五夜:月齢13.9)
マヤ暦 0.0.5.1.17、8カバン、6イクの年15カンキン

新年あけましておめでとうございます。旧年中のご縁に感謝し、本年も変わらぬおつきあい・新たな出会いを楽しみにしています。どうぞ宜しくお願いします。

年の瀬、そして新年を迎えて、毎度思うのは、暦(カレンダー・時計)のちから、それは人の意識のちからであり、合意によるところが大だということ。

年明けのカウントダウンの基準にある時計のカウント。それは概ねは地球の運動と太陽の位置関係に根ざしている。ということを意識してみると秒単位での標準としては合意されたカウントに過ぎないと気づく。

年末のあわただしさ、新年の清々しさ、そのベースにある1月1日。それはグレゴリオ暦として世に普及している標準であること。

それらを否定するつもりはない。
同じ意味で7月26日にどれだけの基準力?があるのかは、よく分からない。

けれど、上に書いたようなことに気づき、意識できるのは、グレゴリオ暦とは異なる暦を知っているから。13の月の暦でも太陽太陰暦の旧暦でもイスラムのヒジュラ暦でも、その他のどんな暦でもOKだが、一つの物差しを、それが物差しだということも意識することもなく日々を送り・迎えるよりも、あえて物差しだと意識し、それに主体的に乗る・乗れること、そうした機会を楽しめていることが有り難い。

権威を鵜呑みにする安心さを手放す勇気を讃えたい。それが13の月の暦の魅力だと信じているし、期待でもある。

1月20日の暦仲間の集い。まだ、参加枠あり。それぞれの想いに響き合う時間を楽しみにしている。



waiar56 at 09:56コメント(0)13の月の暦 

2017年12月26日


久々に13の月の暦仲間で遊ぶ時空を用意してみました。

と き: 共振の月11日(G1/20(土))13:20-17:00(開場13:00)
    kin242 白い銀河の風

ばしょ: Cafeむすび 二階和室A(JR中央・総武線 亀戸駅 徒歩10分)
      東京都江東区亀戸7−19−7

参加費: 会場費(2千円)とあれば資料代の実費を参加人数で頭割り
     (百円単位とさせていただき、当日、会場で申し受けます)

内容: お申込みいただいた参加者のご希望でアレンジします。
   基本的には、暦に感じる魅力など、各人の情報のシェアで構成したいかな。一方的なレクチャーではなく、その場の出会いや感覚を味わう、実際にワークしてみるなどをイメージしています。
   ということで13の月の暦に興味さえあれば、初心者さんでも大歓迎とします。ベテランの方はその場に合わせてフォローいただけると幸いです。

定員: 先着9名まで(要予約)

お願い: 会場は飲食の持込み原則禁止です。カフェのご厚意でスペースをお借りしていますので、飲み物は1階カフェのドリンクをテイクアウトのカップに入れて利用いただければ幸いです。

申し込み方法: わいあー(waiar@yahoo.co.jp)へ次をメール申し込み
 氏名:
 銀河の署名:kin
 内容の希望or期待・動機:

※確認のお返事は朝または夜の時間帯になります。

ちなみに「Team時遊」は、わいあーと暦仲間程度の意味で、会員登録とか継続的参加を求めるものではありません。ということで、単純に”暦ユーザーの集い”です。
ではでは、どんな場になるか、亀の戸でのむすびで開く、出会いのシンクロを楽しみにしています。

P.S.
今のところの わいあーの準備予定としては、銀河ツールの英語版キット。ドリームスペル、テレクトノン、石の神秘、7:7::7:7といったところ。20の銘板は日本語版を持参します。(準備してみると大荷物すぎるので、こよみ屋さんの手帳にあるキットのみにしました。)
シンクロノトロンも資料を用意しておきます。

続きを読む

waiar56 at 22:50コメント(0)13の月の暦 

2017年12月23日


12種の年6の月8日、キン 211
0608kin211

12種の年6の月9日、キン 212
0609kin212
続きを読む

waiar56 at 09:30コメント(0)シンクロノトロン(441)13の月の暦 

確認用にワークしてみた黄色い水晶の種の年磁気の月1日のシンクロノトロンをシェアします。

0101kin64
フナブ・ク21の黄色の宮廷がコンプリートしているので、第6時間次元(第6精神圏):左脳中央のアンタレス・フォース・フィールドが整っているのと、第1時間次元(第1精神圏):右脳後方が活性化していますね。
一方で、第8時間次元:脳梁(第7精神圏)前方のアルクトゥルス・フォース・フィールドには響きがありません。

waiar56 at 09:14コメント(0)シンクロノトロン(441)13の月の暦 
記事検索
livedoor プロフィール
本棚
ペット
  • ライブドアブログ